妊娠 便秘解消法

妊娠中の軽度の便秘解消法



妊娠中の便秘をうまく解消することはあなたとお腹の赤ちゃんにとって、とても大事なことです。
その理由は

便秘解消アドバイザー

@便秘が長く続くと、大腸の中の悪玉菌の働きで便が腐ってしまって、酸性の有害な腐った物質ができます。

その有害な物質が血液に溶けて、お母さんと赤ちゃんの体中を巡って害を及ぼしてしまうからです。

Aそれだけでなく、ガスが発生して便秘以上の苦しみをあなたに与えてしまいます

B出産時にあなたの腸内に善玉菌が少ないと、赤ちゃんの腸にも善玉菌がいなかったり、少ないので、赤ちゃんのアレルギー、便秘、免疫力が弱いという問題が生じる可能性があるからです。

このようにあなたやお腹の赤ちゃんへの影響もあるため、便秘はなるべく早く安全に改善しなくてはなりません。


副作用のある下剤を使えば最初の内は簡単に処理できますが、大腸を強く刺激するので流産の原因となることがあります。

それだけではなく、副作用でそれ以上に苦しむというツケが必ず回ってきます。

もしやむを得ず下剤(便秘薬)を使う時には、副作用のないものを控えめに使いましょう。

特に妊娠中は副作用の強い下剤(アントラキノン系:アロエ、センナ、大黄がたくさん含まれてるもの)を使ってはいけません。

一般的な福作用もありますが、妊娠初期には子宮を収縮させて流産の危険も指摘されているからです。


また、乳酸菌・ビフィズス菌を大量に摂取することにより腸内環境を整えることができます。

クレモリス菌FC株

善玉菌のチカラの特徴

あのカスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株を乳酸菌サプリにしました。朝のすっきりに効果を発揮する、元気な大腸環境づくりをサポートします。 1粒に20億個以上のクレモリスFC株の乳酸菌を凝縮はすごい。1粒たったの0.71kcalは乳酸菌サプリ最も低カロリー。日本人に不足してるカルシウムも含んでいます(70mg)

価格 1,550(定期コース初回)円
評価 評価5
備考 39%オフ+送料無料
善玉菌のチカラの総評

朝のすっきりだけや、これから流行るインフルエンザや風邪、それに花粉症などアレルギーにも効果があると明らかになっています。クレモリス金FC株の強力な粘りがパワーの秘密です。

京都円山「東観荘」華寿千

機能性表示食品「ビフィリゴ10000」の特徴

腸内環境を良好にし、便通を改善してくれるビフィズス菌BB536を配合した 機能性表示食品「ビフィリゴ10000」

1日分で約20億個もの生きたビフィズス菌を摂取できる、サプリメントです!

ビフィズス菌:約2,000,000,000個(20億個) イソマルオリゴ糖:120mg 乳酸菌EC-12:約1,000,000,000,000個(1兆個)

価格 990(送料無料)円
評価 評価5
備考 定期購入は990円で購入できます。
機能性表示食品「ビフィリゴ10000」の総評

品質の安全・安心にもこだわっています!
・GMP認定基準 取得
・HACCP 採用
・有機JAS認定 取得
・放射能検査済み(セシウム・ヨウ素、検出されず)


 

乳酸菌について オリゴ糖について 葉酸について

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいます。このバランスをとらないと便秘は解消できません。

オリゴ糖は腸内細菌のエサとなり、善玉菌である乳酸菌を増やしてくれます。

赤ちゃんの体が正常にできるために重要な栄養素が葉酸です。神経管閉鎖障害の予防には重要です

妊娠中でもできるガス抜きマッサージ 妊娠中に便秘で溜まるガスを抜く 便秘解消のための運動

強いマッサージは危険。妊娠中でもできるマッサージを紹介。今後内容を充実させていきます。

ガスが溜まるのは便秘そのものよりも辛いです。今後も色々と紹介していきます。

適度な運動が便秘解消にはひつようです。妊娠中でもできる運動を紹介します。

下剤に頼らず排便力を高める 漢方薬を上手に使う 7つの便秘解消法

アントラキノン系の下剤を使い続けると危険です。下剤に頼らず排便力を高める方法。

漢方薬にもふさわしくない物があるので注意しましょう。適切に使えば効果があります。

7つの便秘解消法は特に難しいものではなく、毎日の少しの実践で誰でもできるものです。



スポンサードリンク

悪玉菌が増えると母体と赤ちゃんに悪影響を与えます

便秘解消アドバイザー

いきなりですが結論から入ります。妊娠中の便秘解消で一番大事な事は大腸に善玉菌を増やすことです。

 

なぜ善玉菌が大事かというと、腸内を適度な酸性にして悪玉菌が増えるのを抑えてくれるからです。

 

もしも便秘が長引いてしまうと、悪玉菌が腸の中一杯に増えてしまい便は腐ってしまいます。すると腸内は酸性の物質が大量に作られる結果、強い酸性になってしまいます。

 

大量の酸性の腐った便が大腸の中で長時間そのままの状態になってしまうと、腸管の内側からその悪い物質が吸収され血液に溶け込み、あなたの体と赤ちゃんの体の中に入り込みます。

 

 

さらに悪玉菌が増え続けると、発癌物質が大量に生じます。だからといって皆が癌になるわけではないんですが、女性に直腸癌が多いのは何故かなと考えてみて下さい。

 

さらに怖いのは赤ちゃんへの影響です。アンモニアやメルカブタンなどの有害物質が血液に溶けて全身を巡り、胎盤を通じて赤ちゃんの体にも浸透してしまいます。想像するだけで鳥肌が立ちますね。

 

こういった理由があるから、妊娠中の便秘はなるべく早く、副作用の強い下剤を使わずに解消しようと伝えているんですね。

 

散々怖いことを書いてきたようで申し訳ありませんが、それは便秘の正体を知って貰って無事に出産して欲しいためです。

 

特に妊娠中は便秘になりやすい上に、赤ちゃんがお腹にいると便秘は苦しくて怖いものになります。

 

排便時に便が異常に臭かったり、酸っぱい臭いがしたり、時に軟便が出るようなときには、便秘解消が必要ですが、そうならないように生活の中で予防することが必要なんです。

 

オリゴ糖は便秘解消をしアレルギーを予防する

 

 

大腸の善玉菌を増やすことが便秘解消のポイント

妊娠中の便秘の原因は色々ありますが、最も大きな原因が大腸内に善玉菌が少ないことなんです。

 

この善玉菌こそが便秘解消で果たす大きな役割を果たすんです。この大事な善玉菌を腸内にたくさん増やすことが、便秘解消にとって一番大事なことです。

 

一口に善玉菌と言っても、沢山の種類が腸内に棲んでいます。乳酸菌とビフィズス菌は代表的な善玉菌です。

 

ただ、妊娠前から便秘気味の女性の大腸には元々善玉菌が少ない。そうしたお母さんは妊娠後もずっと便秘のままの事が多いので、さらに便秘解消を心がける必要がありますね。

善玉菌が増えると便秘が解消される理由とは

善玉菌が増えると、大腸のぜん動運動が活発化します。そうすると、大腸が動いて便が直腸から肛門に向かって運ばれやっと便秘が解消します。

 

更に善玉菌が増えると、免疫力がアップすることが分かっています。免疫力がアップすることで、お産のその日まで母子ともに健康な状態で過ごせるんです。

 

では善玉菌を増やすにはどうしたら良いか?食事は当然重要ですよね。美味しいからと言って肉を摂り過ぎず、食物繊維をしっかり摂る食生活が基本になります。

 

もちろん適度な運動も必要ですし、ストレスを溜めないとか大切な事はたくさんあります。

 

でも初期にはつわりであまり食べられなかったり、運動しなさいとか、ストレ溜めるなとか言われても妊婦だからこそ難しいじゃないですか。

 

だからこそ便秘で苦しんでいるお母さんは、乳酸菌サプリメントとか善玉菌のエサになるオリゴ糖の利用が簡単で有効なんです。

 

便秘外来のお医者さんが乳酸菌やオリゴ糖推奨しているのは良く知られた事実です。

 

善玉菌がいないと栄養は吸収されません

 

善玉菌が大事な理由は更にあるんです。それは善玉菌がいなければ、幾ら食べても栄養は吸収されないということです。

 

驚きですよね、栄養の吸収までも善玉菌の働きが関係しているんです。

 

だからお母さんの腸に善玉菌が少ないと、お母さんの食べたものは吸収が難しくお腹の赤ちゃんの栄養不足につながり、成長を妨げてしまうことになります。

オリゴ糖は便秘解消をしアレルギーを予防する

 

妊娠中の自力での便秘解消は軽度の便秘のみ可能です

妊娠前から便秘に悩んでいた人は、妊娠をきっかけに更に重度の便秘になるかもしれません。妊娠中の便秘は解消・改善をしなくては、お母さんだけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響を与えます。

 

自力で治せる軽度の便秘は次の2つの場合です

@下剤の量が規定の量より少し多い程度で、下剤を毎日ではないが服用する便秘
A常用量以内の下剤を1年以上毎日飲んでいる場合も軽度の便秘です。

 

軽度の便秘の人は自宅での便秘解消が可能です。ただ軽度というのは下剤依存の程度のことであって、下剤に依存していることそのものは問題であることを忘れないでください。

中等度から重度の便秘は自力では治せません

中等度以上の便秘とは普通量の2〜3倍から5〜10倍の下剤を飲んでいる場合です。その場合、自宅での便秘解消はできません。便秘外来など医療機関で治療をしなくてはいけません。間違っても自己流のやり方で更に重度化させないように注意してくださいね。

 

妊娠中の便秘にコーヒーは良いの悪いの?

 

妊娠中のコーヒー

 

 

コーヒーは便秘に良い?悪い?妊娠中の過剰なカフェインは、胎児の発育不良、流産、死産のリスクが高まる

 

コーヒーを飲むとお腹が痛くなって下痢になりやすい人。
コーヒーを飲むと便秘になりやすい人。
便秘になる、ならないは、コーヒーに何らかの原因があるからでしょうか。
そして、コーヒーを飲む習慣があった人が、妊娠してコーヒーを飲まなくなったら便秘になった、という話も聞きます。
便秘解消にコーヒーってアリなんでしょうか。

 

 

妊娠中の便秘とコーヒー

 

妊娠するとコーヒーNGの理由

 

妊娠するとコーヒーには制限がかかります。それは、コーヒーに含まれるカフェインによって、赤ちゃんへ影響が出る可能性があるからです。

 

1、流産の危険性
1日200mg以上のカフェインを摂ると、流産のリスクが2倍になってしまいます。

 

2、早産の危険性
ママがカフェインを摂ると、胎児に届きます。代謝が上手くできずに成長が阻害され、未熟児の赤ちゃんが生まれたりする可能性があります。

 

3、死産の可能性
十分な栄養素や酸素が届かず赤ちゃんに何かしらの障害が残ったり、最悪、死産の可能性もあります。

 

コーヒー1杯のカフェインは、約100mgと言われてます。妊娠すると妊婦が摂取したものは、胎盤を通して胎児へと送られます。妊娠中の過剰なカフェインは、胎児の発育不良、流産、死産のリスクが高まるのです。

 

妊娠してもコーヒーOKの理由

 

妊娠中のコーヒーは便ぷ解消にもなることがある

 

妊娠前にコーヒーを飲む習慣があった妊婦には、飲めなくなるストレスは大きいもの。妊婦が1日に摂取しても良いカフェイン量は200mg。コーヒーに置き換えると、1日1〜2杯程度です。
この程度のコーヒーならば、カフェインを摂取しても良いということです。しかしながら、悪いとわかっているものなので、やめておいたほうが無難かも知れません。

 

気になる人は、コーヒーからココアにしてみてはどうですか。
市販のココアに含まれる栄養や成分は、妊婦にとって効果的に働きます。

 

・ココアのカフェインの量は、1杯につきおよそ10mg
・鉄分、ポリフェノールが豊富で、妊娠中の貧血予防になる
・ビタミンやミネラルが豊富でむくみ予防になる
・食物繊維がゴボウよりも多く含まれ、便秘予防になる

 

 

コーヒーを飲むと便秘になる理由

 

タンニン 
タンニンが腸内細菌の働きを抑制するために、便秘になります。
タンニンという成分は、ポリフェノールの一種でワインやお茶に含まれていますが、実際にはコーヒーには含まれていません。コーヒーに含まれているのは、タンニンと似たような働きをするクロロゲン酸という成分です。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸は5%程度なので、よほどの事が無い限りは便秘にはなりません。

 

利尿作用
コーヒーには利尿作用があり、体内の水分不足が便秘の原因になるという理由です。
確かにコーヒーを飲むと、トイレに行く回数は多くなりますが、便秘になるほどの水分不足にはなりません。
コーヒーを飲むと便秘になるのは、飲む量や体質に関係していると思われます。

 

カフェイン
カフェインには腸の腸の蠕動運動を抑えてしまう働きがあり、便秘につながるという説もあります。
大腸の蠕動運動の働きが弱い弛緩性便秘タイプの方は、カフェインは控えた方が良いです。

 

コーヒーを飲むと便秘が解消する理由

 

カフェイン
カフェインには胃液の分泌を活発にする働きや利尿作用があり、消化が促進され便意を促します。

 

オリゴ糖
オリゴ糖が腸内環境を整えることはよく知られています。
そんなオリゴ糖が実はコーヒーにも含まれています。コーヒーに含まれているオリゴ糖は、コーヒーオリゴ糖と呼ばれます。

 

コーヒーオリゴ糖は、腸内運動を活発にして、便秘を解消してくれるようです。コーヒーを飲んで便秘が解消すると言うのは、個人差があるようです。ハッキリ言って、コーヒーは便秘薬ではないのです。

 

 

妊娠中の便秘で胃もたれが起こるのはどうしたら良いですか

 

妊娠中の胃もたれ

 

妊娠すると襲ってくる悪阻、便秘、胃もたれ、胸焼け、助けて!!誰もが経験して出産するんですね。

 

妊娠中の妊婦さんを苦しめる体調不良は、便秘と胃もたれです。

 

妊娠したときから、妊婦さんの体調は檄変します。何も食べれない悪阻。何を食べても、何も食べなくても、妊娠初期には胃もたれ、胸焼け、便秘。

 

食生活を見直してみても、残念。あまり楽にはなりませんし、薬にも頼れません。症状には個人差があり、妊娠中でも不快な症状なく過ごす妊婦さんもいるそうです。

 

が、殆どの妊婦さんは、胃もたれ、胸焼け、便秘と戦っているんです。中には、胃痛や腹痛を伴う方もいらっしゃる。

 

 

妊娠中の便秘

 

妊娠初期の便秘は女性ホルモン分泌量の増加と、つわりによる食欲減退が原因です。妊娠すると、女性ホルモンの一種、黄体ホルモンの分泌量が増えます。黄体ホルモンで、腸の動きが鈍くなり、腸内の便が動かずに溜まってしまい、便秘になります。

 

更に、妊娠初期と言えばつわりです。吐き気、胃のむかつきで、食べれなくなります。体内の水分も不足しがちになりますね。これも、便秘の要因です。食事量が減ると、直腸に便がたまらず、長時間直腸にとどまり続けます。その間に水分が蒸発しカチカチになり、排便しにくい状態、つまり便秘になります。

 

妊娠中期は、つわりが収まり食欲も戻ってくるので排便の回数は増えてきます。しかし、赤ちゃんが成長するのに伴って子宮が大きくなる為、子宮が腸を圧迫します。またお腹が大きくなり動きづらかったりすると、運動不足になりますね。子宮が腸を圧迫し、腸の動きも鈍くなり、便秘になります。

 

妊娠後期は水分不足と体重増加で、便秘になります。つまり、妊娠すると、出産までは便秘に悩むという事になりますね。

 

 

妊娠初期の胃もたれ

 

・ホルモンバランスの乱れ
・精神的ストレス
・胃酸過多
・頻繁な嘔吐
・逆流性食道炎

 

妊娠中の胃もたれ

 

妊娠すると、女性ホルモンの「プロゲステロン」が分泌され、急増します。プロゲステロンの増加により、胃や腸の機能が弱まり、胃に食べ物が長時間残留します。その結果が、消化不良や胃もたれです。特に妊娠初期の妊婦さんに多いんです。

 

また嘔吐、胃酸、空気が逆流し、胃もたれを誘発します。逆流性食道炎などの可能性もあるので要注意だよ。

 

生活リズムの変化、ストレスなどで自律神経のバランスが悪くなり、胃液が減ったり、胃酸が多すぎたりします。その結果、胃もたれが起きます。
胸やけも妊婦さんに多い症状です。胸やけは逆流した胃酸が原因なんです。

 

胃もたれってよく言うけど、妊婦さんが感じる症状ってどんな感じ?

 

・胃が重い
・お腹が張っている
・胃の中に食物が残っているような感じ
・キリキリと胃が痛む

 

食事を改善しても、妊娠初期の胃もたれは改善しないケースもあり、ストレスで更に悪化する場合もあるよ。
妊娠初期は大事な時期なんだけど、悪阻、便秘、胃もたれと、辛い時期なんです。

 

 

妊娠時の胃もたれ解消法

 

妊娠中のつらい胃もたれ。予防のポイントです。
胃に負担をかけないように心がけるってことですかね。

 

・規則正しい食事。
・一回の食事の量を減らし、回数を増やす。
・しっかり咀嚼する
・消化の良いものを食べる
・熱いもの、冷たいもの、辛いものは避ける

 

胃もたれ解消法=胸焼け解消法ですが、特に胸焼け対策としては、寝るときに少し頭を高くしてみて。これだけで胃酸の逆流が少なくなって楽になるよ。

 

妊娠中は薬が内服できないけど、症状がひどい場合は、胃酸を押さえる薬や消化酵素剤を処方してもらって。
便秘も、胃もたれも、胸焼けも、仕方ないけど辛いもの。妊婦さんでも飲める薬があるよ。

 

 

スポンサードリンク スポンサードリンク