妊娠 妊娠線 予防

妊娠線を予防する


妊娠すると気になる事がいくつも出てきますが、その中の一つが妊娠線です。

 

妊婦の70%に妊娠線ができると言われているので、妊婦さんにとってはとても気になるところです。

 

最近は情報量も多いので、妊婦さんもしっかりとケアすれば妊娠線が出ない場合も沢山あります。

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

妊娠線とは

 

妊娠すると気になる事がいくつも出てきますが、その中の一つが妊娠線です。妊婦の70%に妊娠線ができると言われているので、妊婦さんにとってはとても気になるところです。

 

妊娠でお腹が大きくなると妊娠線が現れます

妊娠するとお腹の赤ちゃんは成長していくので、赤ちゃんが成長している証としてお腹は段々と大きくなっていきます。

 

お腹が大きくなると、当然お腹の皮膚も引き伸ばされます。皮膚の構造を見ると表面にある表皮は柔軟性に富んでいるので伸びます。

 

しかし、真皮や一部の皮下組織は伸びにくいので、お腹が大きくなって皮膚が引き伸ばされるスピードについていけず、ついには亀裂が生じて赤紫色の縦の線状班が現れます。

 

 

お腹だけでなくて、お尻や乳房、太ももに現れる事もあります。

 

最初は赤っぽい色の妊娠線は次第に白くなります。個人差はあるのですが、1年もすると赤色から徐々に白色に変化するようです。

 

 

つわりが終わる頃から妊娠線が現れやすい

 

 

妊娠線は一度できると消えませんが、大事なわが子を育んだ証でもあるので大事な印ともいえます。

 

でも女性なら誰もできれば、妊娠線は残さずに済むなら残したくないと思っています。妊娠線の予防をしっかりしておくことが大事です。

 

妊娠線予防クリームはもったいないからと、少しずつ使っていては目的が果たせません。

 

たっぷりと使ってお腹やお尻、太腿、二の腕に潤いを与えてやりましょう。

 

 

妊娠中の肌トラブルのアンケート結果

 

アンケート結果を見ると、7割に近い人の多くが、妊娠初期からお腹を中心に肌トラブルで悩んだことがわかります。

 

妊娠中の肌トラブルはお腹を中心に7割近くの人が経験する。

 

手軽で効果的な妊娠線予防法

 

保湿力の高いクリームで皮膚をマッサージするのが一般的ですし、効果があります。

 

色々なメーカーから妊娠線予防クリームが出ていますが、どれもほぼ成分が同じなので、皮膚を乾燥させないものであれば割安なクリームでも大丈夫です。

 

ローションやオイルに比べてクリームの方が水分も油分も十分にあるので、クリームを選択してみてはどうでしょう。

 

クリームはケチって塗らずに惜しみなく念入りに皮膚に浸透させるようにたっぷりと塗り込みます。

 

風呂上りやかゆみが出たときなどに妊娠線クリームで乳房やお腹をマッサージします。

 

マッサージ

 

優しくお腹を撫でるようにクリームを塗ります。押す力は入れません。
1.下腹からお腹の上に向かって手のひら全体でマッサージ(上への動き)
2.へそを中心して外側に向かって両手のひら全体でマッサージ(横への動き)
3.へそを中心にして片手で円を描くようにマッサージ(円の動き)
4.二の腕、太もも、お尻は下から上へ(末梢から体の中心へ)クリームを延ばします。
5.バストは乳首の上部は下に向けて、下部は上に向けて手の平で優しくマッサージ。授乳の準備にもなります。
6.妊娠線予防クリームを選ぶなら無添加・無香料のクリームにしてください。

 

これは ⇒ 開発スタッフのママ達のサポート付きで人気のある無添加の妊娠線予防クリームです

 

 

 

 

オリゴ糖は便秘解消をしアレルギーを予防する

 

 

スポンサードリンク スポンサードリンク