妊娠中の便秘は腸閉塞を起こす

妊娠中の便秘は腸閉塞を起こすことがあります

妊婦の便秘と腸閉塞

妊娠中の便秘は腸閉塞を起こすことがあります。

 

妊娠中の便秘には腸閉塞の可能性もあります。開腹手術の経験があるママは気を付けて。

 

便秘は、男性よりも女性に多く、長く続くと危険な症状なので、きるだけ早めに解消したいものです。

 

便秘は肌荒れや体調不良などの悪影響をもたらしますが、最も危険なのが、妊娠中の便秘なのです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

妊娠で多くなる便秘

 

妊娠すると、多くの妊婦さんが便秘に悩まされます。

 

日常的に便秘がちな人が妊娠すると困ってしまいます。

 

妊娠中は、赤ちゃんが大きくなるにつれて、子宮もどんどん大きくなります。

 

そこへ、便秘が重なると腸内をさらに圧迫、負担が増えていきます。

 

 

また、便秘は血行不良を起こし、おなかの中の赤ちゃんに必要な栄養を送れなくなります。

 

便秘は、母体、赤ちゃんにも悪影響をもたらすのです。

 

更に、便秘の中には、腸閉塞という危険なケースもあります。

 

 

妊娠中の便秘と腸閉塞

 

妊娠中に注意しなければいけない病気の1つに腸閉塞があります。

 

腸閉塞という病名は誰でも聞いたことがあるでしょう。

 

腸閉塞とは腸管の流れが滞って、食物、腸液、ガス等が腸内に詰まった状態のことです。

 

 

「癒着性イレウス」は、本来離れているはずの組織同士が手術などでくっついた事が原因で起こる、腸閉塞の事です。

 

腸閉塞患者の半数以上が「癒着性イレウス」です。

 

どんな人がかかりやすいかと言うと、

 

  • 過去に婦人科系などの病気で開腹手術を受けたことがある人
  • ホルモンバランスの変化で便秘になりやすい人

 

という2点です。

 

どんな症状が出るのでしょう。

 

腸閉塞の症状

 

腹痛、嘔吐、吐き気、便秘、腹部膨満感などで、悪阻の症状とよくに似ているために、酷い悪阻と勘違いする人も多いです

 

病状が進行すると、脱水症状、発熱、血圧の低下などの症状が現れ、ショック状態の一歩手前の状態になります。

 

妊娠中に腸閉塞が起こると、腸管が壊死し、腐敗が進んだり、腹膜炎により、流産を起こす危険があります。

 

母子共に生命の危険が高くなります。
腸閉塞の症状がある、過去に開腹手術の経験がある、など思い当たる人は、早めに医師に相談しましょう。

 

早期発見と早期治療です。

 

腸閉塞の治療

 

 

癒着性イレウス」と診断されたら、絶食と補液点滴、抗生物質の投与とチューブを使った減圧治療が行われ、患者さんの多くは回復に向かいます。

 

症状が改善されなかったり、悪化する場合、腸の血流障害等が疑われる場合は手術が必要になります。

 

 

便秘と腸閉塞の見分け方

 

便秘と腸閉塞の症状は、おなかの膨張感や吐き気などで似ているところがあります。

 

便秘・腸閉塞のどちらも、おなかの張りが酷くなるので、どちらなのか判断がしにくいものです。

 

 

見分け方としては「おなかの痛み」です。痛みの度合いがまったく違うのです。

 

日常生活に支障が出るほどの激しい腹部の痛みの時には、すぐ病院へ行きましょう。

 

便秘を未然に防ぐことが腸閉塞の予防

 

腸閉塞を予防するには、腸を詰まらせないような生活をすることが重要です。

 

便秘が続いている人は生活習慣の見直しをしましょう。規則正しい生活を送るだけで便秘の症状は改善します。

 

 

規則正しい排便の習慣。

毎日きちんと排便する習慣をつける事。毎朝コップ1杯の水、牛乳を飲んで、トイレに行きましょう。

 

食事

消化の良い野菜・豆腐・白身魚などをよく噛んで食べる事。
ゴボウ、オクラ、たけのこ、さつまいも、里芋などの不溶性の食物繊維が多い食品の摂り過ぎは、逆に便秘が酷くなります。

 

適度な運動

運動は胃腸の動きを活発にします。

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠中でもできるガス抜きマッサージ
妊娠中は下手にお腹を強くマッサージすると流産の危険性があります。ガスが溜まって苦しい時にできるガス抜きマッサージを紹介します
妊娠初期にガスが溜まりやすい原因
妊娠初期にガスが溜まりやすいのです。悩んでいる方はその原因と対処について参考にしてください。ここでいうガスとはオナラだけではありません。、オナラとして体外に排出できないガスは非常に苦痛を伴うのでオナラよりも遥かに問題が大きいのです。
妊婦が便秘で溜まるガスを安全に解消するヒント
妊婦が便秘で溜まるガスに苦しむときに行うガス抜きの方法です。妊娠時の便秘は一日に2〜3Lは排泄されるガスが溜まって苦しい状態になりやすく、そのまま放っておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。
妊娠中の便秘と発生するガスを根本的に解決するには
妊娠時の便秘だけでもかなり辛いのに、これにガスの問題が重なると相当辛いものになってしまいます。便秘薬を使ったり、ガス抜きマッサージをなどの対症療法は一時的な効果しかありません。根本的な解決は腸内環境の改善しかないのです。
便秘でお腹が痛い状態を改善できました
妊娠中の便秘でお腹が痛いことがあります。私はこのお腹が痛いことをそれまで知らなかったある方法で解決しました。
便秘で溜まるガスを排出する酸化マグネシウム
便秘で溜まるガスを排出する方法。妊娠時の便秘だけでなくガスが溜まるとかなり辛いものです。便秘に加えてガスで苦しんでいる時に使う酸化マグネシウムの紹介です。
妊娠中の便秘で出血するのはどんな場合ですか?
妊娠中の便秘で出血することがありますが、どう理解したら良いのでしょうか。出血の原因には色々とあることを知っておきましょう。
妊娠中に起こる便秘と下痢ですっきりしない
妊娠中に起こる便秘と下痢ですっきりしない状態が起こりがちです。赤ちゃんへの影響があるのではと不安になりますよね。