妊娠中にガスが溜まりやすい原因

妊娠初期はオナラだけではなく、腸にガスが溜まりやすい原因があります。

便秘でガスが発生する

妊娠中にはオナラが出やすくなります。

 

便秘したりお腹にガスが溜まったりするのですが、一番苦しいのはお腹の中で出すに出せないガスです。

 

他でも書きましたが、お腹にペットボトルを何本も詰め込んでいる状態がずっと続くのですから、苦しくないわけがありません。

 

オナラを初めとして妊娠初期にはガスが発生しやすい原因とその対処について調査しました。

 

ここの記事も参考にしてますので時間があれば読んでみてください。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

妊娠初期にガスが溜まりやすい原因と対策

 

原因は複数ありますから、解決法は単純ではありません。解決できない問題もあるので、解決できる原因に対処しましょう。

 

ホルモンバランスが大きく変化する

妊娠すると女性ホルモンがかなりの量分泌されることはご存知ですね。

 

受精卵を保護するための母体の反応です。当然ホルモンバランスが崩れますから、自律神経のバランスも影響を受けます。

 

腸の動きは副交感神経が優位の状態で活発になりますが、交感神経が優位になると大腸の動きが少なくなるんですね。

 

 

それで便秘がち、ガスが溜まるといったことが起こるのです。妊娠中は骨盤内の血行不良も起こるので、それも便秘とガスの発生の原因となります。

 

ガスが発生してもオナラとして排出できればお腹が痛いというような問題が生じないんですが、便秘の方の場合には、便もガスも出きない状態なんですね。

 

水分の不足

ナチュラルミネラルウォーター

妊娠中は子宮にも水分が必要なので、その分どうしても不足しがちになります。

 

水分の不足が便秘の原因となるので、滞留した便からガスが発生します。

 

ガスが臭くなるのは、貯留している便が悪玉菌による腐敗が起こるためなんです。

 

腸内のこの状態は、体に悪い影響を与えるからガス以上に問題になるんです。

 

 

それはお母さんだけでなく、赤ちゃんにも影響があるから。母体の血流に乗ってお母さんの全身と胎内にいる胎児にも悪い影響を与えてしまうんですね。

 

水分摂取するときには、できるだけミネラル分を含んだ硬水のナチュラルミネラルウォーターを選んでください。

 

ナチュラルミネラルウォーターというのは、自然に取り出したそのままの水という意味です。ナチュラルウォーターは人工的に手が加えられています。

 

 

当然ですがナチュラルミネラルウォーターは、飲んで大丈夫な水です。

 

日本のナチュラルミネラルウォーターは軟水が多いので、便秘の人には向きません。

 

ナチュラルミネラルウォーターには不足しがちなマグネシウムやカリウムが豊富に含まれていて自然の便秘薬のような役割を果たすんです。

 

間違っても水道水をそのまま飲まないでくださいね。塩素がお母さんの腸の善玉菌を殺してしまうからです。

 

話が長くなりましたけど、水道水は10分程度煮沸すれば、発癌性のあるトリハロメタンは無くなるそうです。

 

 

子宮の羊水が大腸を初めとした内臓を圧迫する

赤ちゃんの存在そのものと羊水はかなり大きな容量となり、腸、膀胱を圧迫します。

 

その結果便秘、頻尿が起こる原因となります。特にお腹の大きくなる妊娠後期に多くなります。

 

便秘になればどうしてもガスの発生は避けらないので、便秘は予防が大事なんですね。

 

それには日頃から善玉菌を増やす努力が大事となるんです。勤めてオリゴ糖の入っている食品を食べてくださいね。

 

善玉菌を増やす働きのあるオリゴ糖を含んでいるのは、大豆といわれています。

 

ただ食品だけで十分な量を摂取するには相当の量を食べる必要があるので。同時にサプリメントの摂取も検討した方がいいかもしれません。

 

ガスの発生予防対策

 

まず第一に時と場所をえらぶでしょうが、オナラは我慢しない方が良いです。

 

基本的には腸内環境を整えることで改善をするのが最ものぞましいです。便秘薬も色々ありますよね。

 

 

副作用の強いものもあるため簡単に手にしないようにしましょう、

 

便の水分吸収力を高めるマグネシウムの含まれるようなものを中心に使えば良いと思います。決して安易に効果の強いものを選ばないようにしましょう。

 

食物繊維の多いものを食べる

これについては食物繊維を参照してください。

腸内環境の改善のためにオリゴ糖や乳酸菌を摂取する

こちらについてはオリゴ糖を参考にしてください。

 

腸の動きを良くするには適度な運動が必要

激しい運動はできませんが、適度な運度は心がけましょう。妊婦に適した運動が参考になります。

 

排便のリズムは朝作ります。

朝水をコップ一杯飲んでトイレに座るという習慣をつけましょう。毎朝便器に座る習慣を作るを参考にしましょう。

 

お風呂で体を温めてみましょう

体が冷えると腸のぜん動運動が弱くなるので便秘がなおにくく、ガスが発生したときにガスは便と共に身動きが取れません。

 

お湯で体を温めると冷え症や大量に汗をかいてしまうようなことがだんだんと改善してきます。41℃くらいのお湯にできるだけ長く入ってみて下さい。

 

 

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠中でもできるガス抜きマッサージ
妊娠中は下手にお腹を強くマッサージすると流産の危険性があります。ガスが溜まって苦しい時にできるガス抜きマッサージを紹介します
妊婦が便秘で溜まるガスを安全に解消するヒント
妊婦が便秘で溜まるガスに苦しむときに行うガス抜きの方法です。妊娠時の便秘は一日に2〜3Lは排泄されるガスが溜まって苦しい状態になりやすく、そのまま放っておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。
妊娠中の便秘と発生するガスを根本的に解決するには
妊娠時の便秘だけでもかなり辛いのに、これにガスの問題が重なると相当辛いものになってしまいます。便秘薬を使ったり、ガス抜きマッサージをなどの対症療法は一時的な効果しかありません。根本的な解決は腸内環境の改善しかないのです。
便秘でお腹が痛い状態を改善できました
妊娠中の便秘でお腹が痛いことがあります。私はこのお腹が痛いことをそれまで知らなかったある方法で解決しました。
便秘で溜まるガスを排出する酸化マグネシウム
便秘で溜まるガスを排出する方法。妊娠時の便秘だけでなくガスが溜まるとかなり辛いものです。便秘に加えてガスで苦しんでいる時に使う酸化マグネシウムの紹介です。
妊娠中の便秘で出血するのはどんな場合ですか?
妊娠中の便秘で出血することがありますが、どう理解したら良いのでしょうか。出血の原因には色々とあることを知っておきましょう。
妊娠中に起こる便秘と下痢ですっきりしない
妊娠中に起こる便秘と下痢ですっきりしない状態が起こりがちです。赤ちゃんへの影響があるのではと不安になりますよね。
妊娠中の便秘は腸閉塞を起こすことがあります
妊娠中の便秘は腸閉塞を起こすことがあります。妊娠中の便秘で起こる問題と改善法を知る事で便秘の苦しみを解決するヒントになるでしょう。