妊娠中でも副作用に注意すれば飲める便秘薬

妊娠しても副作用に注意すれば飲める便秘薬

妊娠中の便秘薬

 

便秘薬には副作用があるけど、妊娠中でも飲める薬があるから、上手に使いましょう。

 

  • 妊娠するとどうしても便秘になリ易い。
  • ママ友も結構多くが悩んでるよ。
  • なかなか動いてくれない腸と、カチカチ便。

 

便秘薬には副作用のある可能性があるので、あんまり頼りたくはないものです。でも、辛い時には飲んでOKの薬もあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

妊娠しても飲める便秘薬

 

妊娠と便秘になる原因

 

快便体質でも、妊娠して便秘を体験する人はとっても多い。

 

お腹も大きいのに、加えて出ないって、超辛いよね。

 

妊娠すると便秘になるのは、妊婦さんならではの原因があるんです。

 

  • 妊娠ホルモン「プロゲステロン」の分泌
  • つわりでの食の変化、水分不足
  • 腸が圧迫
  • 体内の水分不足
  • 運動不足
  • ストレス

 

妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロンが分泌され、腸のぜんどう運動を弱めます。
腸の動きが悪くなりウンチが腸に留まってしまいます。

 

妊娠初期のつわりで、食物繊維の不足、水分不足などになり、消化機能が落ちてしまいます。

 

中期、後期になるとお腹で赤ちゃんが大きくなり、腸が圧迫され便秘になります。

 

 

赤ちゃんは血液を通して栄養を受け取ります。妊娠中は体内の水分が、不足しがちになるんです。

 

妊娠すると運動不足になりがちで、腸への刺激もなくなるので便秘になります。

 

妊娠中は体調の変化も大きく、ストレスが溜り、自律神経を乱し腸の働きも悪くなります。
まずは自力で便秘の改善を望みたい。

 

 

妊娠による便秘の改善方法

 

 

  • 食事内容を改善する。
  • 体を温める。
  • 適度な運動をする

 

 

でもダメ。お腹が張って、苦しい、痛い。

 

便秘は我慢しすぎるのもよくないので、こんなときには、お医者さんに相談してください。

 

産婦人科では、妊娠中でも飲める便秘薬を処方してくれます。

 

処方された便秘薬以外のものには、子宮収縮作用等の副作用を持つ成分が含まれている場合があるよ。
自己判断で、市販薬を飲むのは絶対にNGです。

 

妊娠中の便秘薬

 

マグミット

医師から処方される便秘薬で代表的なのは、「マグミット」。

 

主成分がマグネシウムで、腸の水分コントロールをして便を柔らかくする働きがあります。

 

 

妊娠中の便秘薬のメリットは、

 

  • 簡単に服用出来ます。
  • 赤ちゃんに影響がありません。
  • 妊娠中も産後も飲み続けられます。
  • 副作用はほとんどありません。

 

すぐにでも使用したくなる優れものに思われますが、薬ですからどうしても副作用もあるんですよ。

 

妊娠中の便秘薬の副作用

 

  • 即効性はない。
  • 体に合わないと、下痢になる。
  • 長期化すると腸の機能が低下する。

 

妊娠中でも飲めるくらいですから、すぐには効きません。夜飲んで、朝まで待つ。

 

体質に合わなかったり、分量が適切でなかったら、出なかったり、下痢したりします。

 

深刻なのは、長期化すると腸の機能が低下するって事です。
妊娠中も産後も飲み続けられますが、長期間使用していると、腸の機能は弱まったままになります。

 

便秘薬を使用する際は、長期にならないように、産後便秘が落ち着いたら使用量を減らしていきましょう。

 

 

市販されている便秘薬や浣腸剤の副作用

 

市販薬は、副作用として子宮収縮作用があり、妊娠中に飲むと早産、流産のリスクが高まるんですよ。

 

漢方の便秘薬である甘草(カンゾウ)にも同じ子宮収縮作用があるので危険です。

 

 

妊娠後期に入ると、妊娠高血圧症候群になってしまうケーもあります。

 

多量のマグネシウムを摂取すると腎機能を低下させ、胎盤の血流が低下し、母体、胎児の生命に危険が及びます。

 

 

薬に頼りたい場合は、病院で便秘薬を処方してもらって下さい。

 

便秘薬は即効性が期待できる反面、化学薬品なので副作用のリスクはありますよね。

 

なるべく食事や飲み物から改善してみてください。

 

妊娠中の便秘に最も効果的なのは、水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維は、水に溶けやすく、カチカチうんちを柔らかくしてくれるし、大腸にいるビフィズス菌や乳酸菌のエサとなって腸内環境を整えてくれます。

 

水溶性食物繊維のなかでもイヌリンと呼ばれる食物繊維が便秘解消に良い。

 

イヌリンは、うんちを柔らかくして腸内環境を整えるんですが、便秘薬と違って、腹痛や副作用もないですよ。

 

 

  • 菊芋
  • ゴボウ
  • 玉ねぎ
  • チコリ
  • にら
  • アスパラ

 

 

上記の食品がイヌリンを多く含む食品です。毎日の食事で上手に取り入れてくださいね。

 

妊娠中の便秘と浣腸について

 

妊娠中の便秘ってホントに辛い。便秘薬もかんちょうも病院にいくのが安心です。

 

妊娠すると嬉しいはずなのに、妊婦さんを憂うつな気分にさせるのが、頑固な便秘です。

 

大きいお腹で腸が圧迫され、ぜんどう運動が起こりにくいのが理由です。

 

また、女性ホルモンの影響などで、妊娠中は気をつけていても便秘になってしまうんです。

 

飲み薬の便秘薬は、飲むのが心配だけど、かんちょうは妊婦が使用してもOKなのでしょうか。

 

 

妊娠中の便秘解消にかんちょうってアリ?

 

妊娠中の便秘解消のためのかんちょうは、お医者さんの間でも賛否両論らしいです。

 

赤ちゃんへの影響はないと言う意見、早産などのリスクがあると言う意見。

 

最終的には「自己責任」になってしまいます。

 

便秘薬じゃなかったら、後は、かんちょうしかないと言う人も多いと思います。

 

妊娠中のかんちょうの安全性はどれくらいでしょう。

 

妊娠中の浣腸にはリスクを伴う

 

かんちょうといえば「イチジク浣腸」が有名です。用法を読んだ事ありますか?

 

「妊娠中の使用は、かかりつけの医師または薬剤師に相談してください」とあります。

 

大きくなってきたお腹の赤ちゃんは、腸のすぐ近くにいるんです。

 

刺激を受けた腸が急激な痙攣を起こし、子宮収縮や流産、早産になるなどの危険性があります。

 

そのため、使用は避けたほうが良いという意見もあります。

 

 

かんちょうの薬剤が胎児へ影響するということはほとんどないので、薬剤によって赤ちゃんが異常をきたす恐れはないでしょう。

 

しかし、かんちょうで腸が痙攣を起こし、早産や流産を引き起こす可能性は、臨床的に証明されているんです。

 

さらに、薬剤に配合されているグリセリンは、肛門や腸管に傷があると腎不全を起こす恐れがあります。

 

 

妊娠中のかんちょうは、医師に相談を

 

かんちょうの薬剤によるお腹の赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

 

ですが、市販のかんちょう剤は、妊娠中の使用に注意を呼び掛けていて、臨床的にもリスクが証明されています。

 

妊娠中のかんちょうのリスクはゼロではないので、できる限り使用は避けたほうが良いでしょう。

 

 

水分補給、食物繊維、オリゴ糖の摂取、散歩などの運動といった、便秘解消の方法を試してみましょう。

 

次に、産婦人科で、便秘薬を処方してもらいましょう。

 

それで便秘が解消されない場合は、最終手段としてかんちょうの検討です。

 

 

便秘の悪化は、妊婦さんにとって辛いし、危険性もあります。

 

便秘が長期間解消されない場合は、かかりつけの産婦人科医に相談して下さい。

 

かんちょうの使用は自分の独断ではなく、医師の指示に従って無理のないように行いましょう。

 

  • 1週間以上の便秘で、便意はあるのに便が肛門付近から一向に動かない。
  • 妊娠7か月くらいまでは、病院の処方薬で効いたけど、最近効かなくなった。
  • コロコロした便がいくつか出るだけで、スッキリと出ない。

 

このように辛い便秘は、かなり大勢の妊婦さんが経験しているもの。

 

ここまで辛い状態だと、市販のかんちょうでは効かないことが多いのです。

 

そんな時は、病院に行き、かんちょうしてもらうのが、安心です。

 

 

妊娠後期に見直す便秘対策

 

睡眠不足は便秘に悪影響

 

  • ストレスは溜まってない?
  • 睡眠はとれてる?
  • 食事の量は適量?
  • 必要な栄養はとれてる?
  • 乳酸菌、ビフィズス菌はとってる?
  • 水分不足になってない?
  • 体は冷えてない?
  • 運動不足になってない?

 

お腹が大きくなってくると、何もかも大変、気づくとストレスで一杯ということがあります。

 

中でも心配なのが、食べ過ぎによって、腸の動きが鈍くなる事。

 

食べ過ぎると、快便じゃなく便秘になってしまいます。

 

 

次に運動不足。普段の動きも緩慢で、全体的な運動量が減ってついゴロゴロしてしまいます。

 

体調に問題がないなら、毎日30分くらいは散歩をしましょう。

 

ご近所のスーパーに行くのは、車ではなく、歩いて行きましょう。

 

重たい荷物を持つと下腹部に力が入り、あまり良くないので、2〜3回に分けて行くのも良いですね。

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

7つの便秘解消法〜概略〜
妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。4人の母親である私が妊娠時の便秘解消法を伝授します。
排便力を復活させる3つのカギ
排便力を復活させるカギは3つあります。大腸の働きと食物繊維と便意この3つについて解説しました。参考にしてください。
下剤に頼らず排便力を高める
下剤に頼らないで排便力を高める事が重要です。妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。4人の母親である私が妊娠時の便秘解消法を伝授します。
便秘に効くオリーブオイルは天然自然の下剤
オリーブオイルは天然自然の下剤として使えるので摂ってみませんか。スプーン一杯を2週間飲むだけで64人中63人に便秘改善効果がありました。
便秘解消のために水分摂取は一日1.5〜2リットル
妊娠中の症状に便秘がありますが実に辛いものです。水分摂取は一日1,5〜2リットルを飲んで便を柔らかくしましょう
便秘解消のために食物繊維は1日25グラム以上摂りましょう
食物繊維は1日25g以上摂りましょう。食べ慣れない人は一日15グラムから始めます
便秘解消にはマグネシウムの豊富な食品を毎日1品食べる
マグネシウムの豊富な食品を毎日必ず1品食べると便秘解消の効果が期待できます
便秘解消にビタミンCが効果がある
妊娠中の便秘解消にビタミンCが効果があります。
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法の一つとして便秘薬がありますが、副作用の無い便秘薬を上手に活用することが必要な場合もあります。
漢方薬を上手に使えば便秘解消効果が高まる
漢方薬は上手に使えば副作用なく便秘解消効果が高まります。しかし全ての漢方薬が良いわけではないので注意しましょう。
妊娠中の便秘薬
妊娠中の便秘薬は流産の怖れの無い薬を使うべきですし、他の副作用のないものを使いましょう。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的です
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的と言われますが、どんな青汁が良いのか、便秘解消効果のある理由についての情報です。
妊婦の便秘に良いお茶がありますか?
妊婦の便秘に効果的なお茶について。妊娠中にはやっていけないことも多くてお茶を選ぶのにも注意が必要です。
妊娠中の便秘解消のための運動
妊娠中の便秘解消のための運動は妊婦と赤ちゃんの健康のために必要ですし、便秘解消をするためにも必要なものです。どのような運動が相応しいのか紹介します。
ドクダミ茶の便秘改善効果
ドクダミ茶には便秘改善効果があります。妊娠中にドクダミ茶を飲んでも大丈夫でしょうか。便秘改善効果の他にどんな良いことがあるのでしょう。
妊娠中の便秘解消にウォシュレット使ってもOK?
妊娠さんの便秘解消にウォシュレット使っても良いものでしょうか。妊娠時の便秘はかなり辛いものです。 ウォッシュレットを使うときの注意点があるのでしょうか。
妊婦さんの便秘に効くツボがある?
妊婦さんの便秘に効くツボがある?妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しているので、その一つとしてストレッチを紹介します。
妊娠中は便秘に効くマテ茶を控える理由
妊娠中は便秘に効くと言われるマテ茶を控える理由があります。カフェインが含まれているからです。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)が効果的です
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)を飲むと効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的なんです
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にキシリトールガムを食べるのは良いか悪いか?
妊娠中の便秘は、食べ物や飲み物を変えても、即効性があまりなく正直辛いです。 そんな時、キシリトールガムを多めに噛むと、おなかが緩くなって便が出やすくなるって話、知っていますか? キシリトールガムは、歯の健康を守る目的が主ですが、実は便秘の解消にもいいらしいのですが、問題はないのでしょうか。
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があるので要注意です
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があります。妊婦さんが鉄分不足で処方される錠剤を飲むと便秘になることが多いので、基本的には普通の食事なら過剰摂取なしないので調整しましょう。鉄分を摂取しすぎた場合には、鉄分の多い食べ物を控えるようにしましょう。