妊娠中の便秘薬

妊娠中の便秘薬

妊娠中の便秘薬

 

妊娠するとホルモンバランスが変化して体質が変わり、それまでにはなかった体のトラブルが起こります。

 

妊娠中に悩まされるトラブルの中に便秘があります。妊娠中でも使える便秘薬はあるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

妊娠すると何故便秘になる?

 

妊娠初期は、プロゲステロンという黄体ホルモンがたくさん分泌され、胃や腸の筋肉が緩み、腸のぜん動運動が鈍り便秘になります。

 

妊娠中期以降は、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮が腸を圧迫して、便がつまったり排便機能が鈍くなり便秘になります。

 

便秘がひどくなると下腹部痛を伴う場合もあります。

 

妊娠中は異常な腹痛なのかどうかの判断が難しく、便秘の他に、子宮の成長痛や収縮等が挙げられます。

 

 

妊娠中の体重管理と便秘

 

「妊娠中は赤ちゃんの分まで食べろ」といわれていましたが、最近は「妊娠中の急激な体重増加はNG」です。

 

痩せ型の方は9〜12kg、普通型の方は7〜12kgが体重増加の目安です。

 

 

便秘で体重が増えて見えたり、太りやすくなる可能性もありますので、早めに解消しましょう。

 

妊娠中の便秘解消法と便秘薬

 

即効性のある便秘解消法として、食物繊維たっぷりの食事、運動等が簡単で、効果も得られやすい方法です。

 

朝起きて、コップ1杯の水を飲むと腸が刺激されて便秘の解消になります。

 

 

それでも便秘が解消しなければ、便秘薬を使う方法もあります。

 

薬の種類としては、酸化マグネシウム、ラキソベロン、座薬等も効果が早いですが、なるべく医師に相談して処方してもらいましょう。

 

●マグミット錠・マグラックス
酸化マグネシウムが主成分で、昔から産婦人科で処方され安全性が高い薬です。

 

胃粘膜の保護作用もあり、便秘や胃の調子がよくない方に処方されます。

 

酸化マグネシウムは、赤ちゃんにも影響が出にくいので安心です。市販薬としては「3Aマグネシア」「ミルマグ」などです。

 

●ラキソベロン
ピコスルファートナトリウムが主成分です。腸内だけに作用し、穏やかな効果で体への負担も少ないので妊婦さんにも処方されます。

 

飲み過ぎは下痢を起し子宮収縮を招く事がありますので、用法・用量を守りましょう。市販薬としては「コーラックソフト」「ピコラックス」などです。

 

●座薬、浣腸
座薬は即効性があり、副作用や刺激が少なく妊婦さんも使用できます。

 

浣腸は座薬より刺激が強いのでおすすめできません。市販されている座薬は「新レシカルボン坐剤」です。

 

●漢方薬
妊娠中の便秘解消に使われる漢方薬としては「乙字湯」「桂枝加芍薬湯」などがありますが、刺激が強く、早産や流産の危険性を高めるものもあるので、自己判断での使用はやめましょう。

 

妊娠中の便秘に市販の便秘薬は飲んで大丈夫?

 

便秘の市販薬として、コーラック、カイベールC、スルーラックSなどがありますが、これらはビサコジル、センノサイドなどを含むタイプの市販薬なので妊娠中はNGです。

 

薬の添付文書でも、妊婦には推奨されていません。

 

大腸を刺激するタイプの下剤は、子宮収縮などを引き起こし早産を招く可能性があります。

 

もし市販薬を使う場合は薬剤師さんに相談してから購入しましょう。

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

7つの便秘解消法〜概略〜
妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。4人の母親である私が妊娠時の便秘解消法を伝授します。
排便力を復活させる3つのカギ
排便力を復活させるカギは3つあります。大腸の働きと食物繊維と便意この3つについて解説しました。参考にしてください。
下剤に頼らず排便力を高める
下剤に頼らないで排便力を高める事が重要です。妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。4人の母親である私が妊娠時の便秘解消法を伝授します。
便秘に効くオリーブオイルは天然自然の下剤
オリーブオイルは天然自然の下剤として使えるので摂ってみませんか。スプーン一杯を2週間飲むだけで64人中63人に便秘改善効果がありました。
便秘解消のために水分摂取は一日1.5〜2リットル
妊娠中の症状に便秘がありますが実に辛いものです。水分摂取は一日1,5〜2リットルを飲んで便を柔らかくしましょう
便秘解消のために食物繊維は1日25グラム以上摂りましょう
食物繊維は1日25g以上摂りましょう。食べ慣れない人は一日15グラムから始めます
便秘解消にはマグネシウムの豊富な食品を毎日1品食べる
マグネシウムの豊富な食品を毎日必ず1品食べると便秘解消の効果が期待できます
便秘解消にビタミンCが効果がある
妊娠中の便秘解消にビタミンCが効果があります。
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法の一つとして便秘薬がありますが、副作用の無い便秘薬を上手に活用することが必要な場合もあります。
漢方薬を上手に使えば便秘解消効果が高まる
漢方薬は上手に使えば副作用なく便秘解消効果が高まります。しかし全ての漢方薬が良いわけではないので注意しましょう。
妊娠しても飲める便秘薬だけど副作用には注意して
妊娠中の便秘解消法の一つとして妊娠中でも副作用に注意すれば飲める便秘薬の利用があげられます。もちろん副作用には十分注意が必要で頼り過ぎないことが基本的に大事です。
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的です
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的と言われますが、どんな青汁が良いのか、便秘解消効果のある理由についての情報です。
妊婦の便秘に良いお茶がありますか?
妊婦の便秘に効果的なお茶について。妊娠中にはやっていけないことも多くてお茶を選ぶのにも注意が必要です。
妊娠中の便秘解消のための運動
妊娠中の便秘解消のための運動は妊婦と赤ちゃんの健康のために必要ですし、便秘解消をするためにも必要なものです。どのような運動が相応しいのか紹介します。
ドクダミ茶の便秘改善効果
ドクダミ茶には便秘改善効果があります。妊娠中にドクダミ茶を飲んでも大丈夫でしょうか。便秘改善効果の他にどんな良いことがあるのでしょう。
妊娠中の便秘解消にウォシュレット使ってもOK?
妊娠さんの便秘解消にウォシュレット使っても良いものでしょうか。妊娠時の便秘はかなり辛いものです。 ウォッシュレットを使うときの注意点があるのでしょうか。
妊婦さんの便秘に効くツボがある?
妊婦さんの便秘に効くツボがある?妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しているので、その一つとしてストレッチを紹介します。
妊娠中は便秘に効くマテ茶を控える理由
妊娠中は便秘に効くと言われるマテ茶を控える理由があります。カフェインが含まれているからです。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)が効果的です
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)を飲むと効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的なんです
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にキシリトールガムを食べるのは良いか悪いか?
妊娠中の便秘は、食べ物や飲み物を変えても、即効性があまりなく正直辛いです。 そんな時、キシリトールガムを多めに噛むと、おなかが緩くなって便が出やすくなるって話、知っていますか? キシリトールガムは、歯の健康を守る目的が主ですが、実は便秘の解消にもいいらしいのですが、問題はないのでしょうか。
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があるので要注意です
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があります。妊婦さんが鉄分不足で処方される錠剤を飲むと便秘になることが多いので、基本的には普通の食事なら過剰摂取なしないので調整しましょう。鉄分を摂取しすぎた場合には、鉄分の多い食べ物を控えるようにしましょう。