妊娠 便秘解消法

下剤に頼らないで排便力を高める事が重要です

下剤に頼らないで排便力を高めましょう

便秘解消には、下剤に頼らないで排便力を高めようという意志を持つことが重要です。

 

このサイトでは妊娠中の便秘解消法を紹介します。腸の善玉菌を増やすのに、乳酸菌サプリやオリゴ糖をおすすめしますが、まだ他に大事なものは色々とあります。

 

つわりもあるので妊娠中の便秘解消法として、オリーブオイルが苦手な人もいるかもしれません。

 

でも安易にアントラキノン系の下剤(アロエやセンナ、大黄成分の多いもの)に頼ると排便力はドンドン落ちていきます。

 

 漢方薬といえどアントラキノン系の成分の多いものもあるので要注意です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

アロエは副作用の強い便秘薬なので常習しないように

 

アロエは植物なので良さそうに思うかも知れませんね。しかしそれは誤解です。

 

常用すると下剤の中でも副作用のある植物です。センナも大黄も同じです

 

もちろん下剤の中に含まれる量が問題ですので、わずかに入っている場合とかなりの割合入っている場合とでは違います。

 

僅かに入っている場合には暫くは仕方なくても、相当の期間常用しないように便秘そのものを改善しましょう。

 


妊娠中の便秘の解消法は、アロエのようなアントラキノン系の下剤を処方する医師がいないとは限らないので、信頼できる医師を見つけることが大事です。注意してください。

 

妊娠中の便秘解消は、まずは薬に頼らない便秘解消法を試みてみましょう。

 

しかし、それだからといって長年飲んできた場合には下剤をすぐに中断するわけではありません。

 

妊娠中は下剤に頼る排便では便秘は解消できない

 

ミュゼ

妊娠中では便秘解消のために腹筋に力を入れて力んだり、お腹を強くマッサージできません。だからといって、そのまま便秘が続くようでは辛すぎますね。

 

それに加えて便秘で腸内環境が悪くなると、アレルギーを初め健康上の問題が起こってきて、お腹の赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。

 

お母さんが腸内の善玉菌を減らすような生活をしていては、お腹の赤ちゃんがアレルギーになる確率が高くなります。

 

それは是非とも避けたいですよね。赤ちゃんがアレルギーを持って生まれてくるのは、お母さんのお腹の中でアレルギーになったといういことです。

 

アロエやセンナ、大黄といった成分の入った下剤を常用すると大腸が全く機能しなくなり最重度の便秘になってしまい流産の危険性すらあります。

 

腸の中に善玉菌を増やす方法を色々とやってみましょう。

 

便秘解消は善玉菌を増やすことがポイント

 

解決策としてまず腸内環境を改善するために善玉菌を増やすことをお勧めします。

 

ヨーグルトでは善玉菌がいるので便秘解消に役食べられています。

 

 

しかし便秘解消するほどヨーグルトを食べると、カロリーが高くて太る原因になりかねません。

 

ヨーグルトで便秘解消するには、かなりの量を食べる必要があるから肥満の原因ともなります。

 

それに最近言われている事ですが、大量のヨーグルトは白内障の原因になります。

 

 

妊娠中の便秘で学んだこと

 

便秘は妊娠中の症状の一であり、悩んでいるママがとても多いんです。

 

私も最初の2人を生むまでは便秘で悩んだのでその辛さはわかります。気張ってしまうと流産するんじゃないか、痔になるんじゃないかとか不安でたまりませんでした。(実際には軽い痔ですみましたけど)

 

運動不足が重なると余計に出なくなってしまってネ。

 

妊娠中なのに余計にお腹がぽっこりとして、便のために赤ちゃんまで窮屈な思いをさせてるようで、妊娠中の便秘解消法は妊婦なら誰でも知りたいものなのです。

 

そこで学んだことは腸は健康の源ということです。

 

便秘して腸内環境が悪くなり腸内の便が腐敗すると有毒な物質が血流にのって全身を巡ってしまう。

 

そんな状態が赤ちゃんにも良いわけはありません。アトピーなどのアレルギーにも関係してくる可能性が高くなります。

 

 

かといって、下剤で出してしまうと、腸の働きは無くなりどんどん大量の下剤が必要になる悪循環を引き起こします。

 

その下剤が陣痛を誘発することもあるようで、簡単に下剤には手を出したくなかったです。

 

私の便秘解消は便秘外来のドクターから学んだ

 

そこで私が行った方法は表にまとめたように幾つかあります。中でも一番有効だと思ったのは乳酸菌やオリゴ糖で腸内環境を良くしたことです。

 

腸にはもともと乳酸菌が住み着いてるんですが、腸内環境が悪くなると悪玉菌が増えて乳酸菌などの善玉菌が減ってしまいます。

 

大腸は健康の源ですから、妊娠中に限らず健やかに生活するためにはとても重要なんです。

 

 

そこで腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良くしようと思いました。ヨーグルトに含まれてる「乳酸菌」やオリゴ糖が役だったと思います。
現在ヨーグルトは白内障の原因の一つとされてますね。それにカロリーが高い。

 

 

私のころと違って今は色々な乳酸菌サプリがあるので、自分に合ったものを選べるのが羨ましいです。

 

サプリなら妊娠中の便秘解消法としては多くの妊婦さんに受け入れられるのではないでしょうか。

 

更に重要なことですが、胃酸で死なずに腸まで届く乳酸菌を選んでください。

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

もし下剤を使うならここに注意してね

また食事も少量ずつ回数食べるとそのたびに空気をたくさん呑み込みガスがたまりやすくなることも影響を与えています

 

妊娠しているとこのような時でも下剤は使わない方が良いと言われます。下剤を使うと、下剤の副作用のリスクだけでなく、妊娠の初期だったら流産のリスクもあるので慎重になる必要があります。

 

ただ下剤と言っても色々な種類があるので、絶対にダメというものではないですから、適切な便秘薬を適当な時期に使う事も必要となる場合もあります。むしろ下剤も使わず便秘でお腹が張っている状態を続ける方が、流産の危険が高いかもしれません。これは自分では決められないので信頼できる医師(便秘外来)に相談すべきです。

 

この時、妊娠中でなくても無理やり大腸を動かすようなアントラキノン系の便秘薬(下剤)は常用すべきではありません。良く漢方薬だから安心と言う人がいますが、先日その漢方薬を見せてもらうとアントラキノン系の「大黄」が主成分でした。

 

これを飲み続けるのは相当問題です。アントラキノン系ではなく、便そのものに水分を吸収させて柔らかくなるような便秘薬であれば問題は無いのです。医師に相談すべきと言ったのはこのあたりを相談してみましょうということです。

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

7つの便秘解消法〜概略〜
妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。4人の母親である私が妊娠時の便秘解消法を伝授します。
排便力を復活させる3つのカギ
排便力を復活させるカギは3つあります。大腸の働きと食物繊維と便意この3つについて解説しました。参考にしてください。
便秘に効くオリーブオイルは天然自然の下剤
オリーブオイルは天然自然の下剤として使えるので摂ってみませんか。スプーン一杯を2週間飲むだけで64人中63人に便秘改善効果がありました。
便秘解消のために水分摂取は一日1.5〜2リットル
妊娠中の症状に便秘がありますが実に辛いものです。水分摂取は一日1,5〜2リットルを飲んで便を柔らかくしましょう
便秘解消のために食物繊維は1日25グラム以上摂りましょう
食物繊維は1日25g以上摂りましょう。食べ慣れない人は一日15グラムから始めます
便秘解消にはマグネシウムの豊富な食品を毎日1品食べる
マグネシウムの豊富な食品を毎日必ず1品食べると便秘解消の効果が期待できます
便秘解消にビタミンCが効果がある
妊娠中の便秘解消にビタミンCが効果があります。
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法の一つとして便秘薬がありますが、副作用の無い便秘薬を上手に活用することが必要な場合もあります。
漢方薬を上手に使えば便秘解消効果が高まる
漢方薬は上手に使えば副作用なく便秘解消効果が高まります。しかし全ての漢方薬が良いわけではないので注意しましょう。
妊娠中の便秘薬
妊娠中の便秘薬は流産の怖れの無い薬を使うべきですし、他の副作用のないものを使いましょう。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。
妊娠しても飲める便秘薬だけど副作用には注意して
妊娠中の便秘解消法の一つとして妊娠中でも副作用に注意すれば飲める便秘薬の利用があげられます。もちろん副作用には十分注意が必要で頼り過ぎないことが基本的に大事です。
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的です
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的と言われますが、どんな青汁が良いのか、便秘解消効果のある理由についての情報です。
妊婦の便秘に良いお茶がありますか?
妊婦の便秘に効果的なお茶について。妊娠中にはやっていけないことも多くてお茶を選ぶのにも注意が必要です。
妊娠中の便秘解消のための運動
妊娠中の便秘解消のための運動は妊婦と赤ちゃんの健康のために必要ですし、便秘解消をするためにも必要なものです。どのような運動が相応しいのか紹介します。
ドクダミ茶の便秘改善効果
ドクダミ茶には便秘改善効果があります。妊娠中にドクダミ茶を飲んでも大丈夫でしょうか。便秘改善効果の他にどんな良いことがあるのでしょう。
妊娠中の便秘解消にウォシュレット使ってもOK?
妊娠さんの便秘解消にウォシュレット使っても良いものでしょうか。妊娠時の便秘はかなり辛いものです。 ウォッシュレットを使うときの注意点があるのでしょうか。
妊婦さんの便秘に効くツボがある?
妊婦さんの便秘に効くツボがある?妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しているので、その一つとしてストレッチを紹介します。
妊娠中は便秘に効くマテ茶を控える理由
妊娠中は便秘に効くと言われるマテ茶を控える理由があります。カフェインが含まれているからです。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)が効果的です
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)を飲むと効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的なんです
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にキシリトールガムを食べるのは良いか悪いか?
妊娠中の便秘は、食べ物や飲み物を変えても、即効性があまりなく正直辛いです。 そんな時、キシリトールガムを多めに噛むと、おなかが緩くなって便が出やすくなるって話、知っていますか? キシリトールガムは、歯の健康を守る目的が主ですが、実は便秘の解消にもいいらしいのですが、問題はないのでしょうか。
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があるので要注意です
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があります。妊婦さんが鉄分不足で処方される錠剤を飲むと便秘になることが多いので、基本的には普通の食事なら過剰摂取なしないので調整しましょう。鉄分を摂取しすぎた場合には、鉄分の多い食べ物を控えるようにしましょう。