妊娠 便秘解消法

7つの便秘解消法を毎日行えば便秘の解消に役立ちます


7つもあるの!と思うかもしれませんが、全てが特別なものではないので、一つ一つ試みて下さい。7つの方法を少し分類してみると、次の3つに分けられます。

  1. 腸の自然な蠕動運動を起こす方法
  2. 腸内細菌を増やす方法(これが最も重要です)
  3. 便そのものを排便しやすい柔らかい便にする方法

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

7つの便秘解消法を毎日行えば便秘の解消が期待できます

 

7つの便秘対策

内容

 

 蠕動運動を起こす・便を柔らかくする

 

 

腸の反射を起こす水

 

 

 

便を柔らかくして腸の反射を起こす。

 

朝、目覚めてすぐコップ一杯の水を飲むと、空っぽの胃に冷たい水が入ることで、大腸に「ぜん動運動」をするように指令を出します。空っぽの胃に4℃以下の冷水がポイントです。妊娠中の便秘解消法としてはハードルは低いと思います。 ⇒ 詳細はこちら

ビタミンC

 

ガスを発生させて、ぜん動運動を活発にする

 

ビタミンCはアスコルビン酸といい、この酸の作用と、ビタミンCが体内で分解すると発生するガスが腸のぜん動運動を活発にします。

マグネシウム

 

腸管の働きを良くする

 

マグネシウムは腸管の働きを良くするミネラルとして知られています。下剤の一種「塩類下剤」にもマグネシウム製剤があります。またマグネシウムは水分を寄せる働きがあるので、便が柔らかくなります。強い下剤は副作用もあるのでやめて、マグネシウムがおすすめです。脂肪燃焼を促進する働きもあります。 ⇒詳細はこちら

 

腸内の善玉菌を増やす

 

 

乳酸菌

 

 

腸内の細菌バランスをとる

 

腸内の善玉菌が増えて腸内フローラが沢山できれば、善玉菌の分泌する成分が大腸の動きを活発にします。大腸の動きが自然に活発になると、便秘は改善します。
 
普通のヨーグルトはカロリーが高すぎるし、乳酸菌は胃酸で死滅します。死菌に意味がないとは言えませんが、どうせ摂取するなら乳酸菌が生きて腸まで届くサプリを選んでみましょう。
 
妊娠中は乳酸菌をサプリで摂取して腸内環境を良くすれば、便秘解消効果が期待できます。⇒ 乳酸菌の詳細
 

オリゴ糖

 

 
腸内のビフィズス菌を増やすためのエサとなります⇒ 詳細はこちら

 

オリゴ糖は腸内でビフィズス菌のエサになります。人間の消化酵素では消化されないから、腸まで届いて善玉菌の餌になります。オリゴ糖は胃腸で殆ど吸収されず、善玉菌のエサになります。そのため、妊娠中も太りにくく便秘解消効果が期待できます。
 
善玉菌の種類によって、好むオリゴ糖が違うので複数をブレンドしてあるものが理想的です。腸内の善玉菌を増やすサプリとして是非活用しましょう。妊娠中でも腸内細菌を増やすオリゴ糖として、便秘やアレルギーに効果が確認されています。

 

便を柔らかくする

 

食物繊維

 

 

 

 

便のかさを増やして便を柔らかくする

 

便のかさを増やす、便を柔らかくするために必須です。ただ誤解が多いんです。食物繊維の摂取の仕方を知らないと却って便秘をひどくさせますから注意しましょう。妊娠中から食物繊維は良く注意して不溶性のものばかり摂らないことです。

 

ポイントは不溶性の食物繊維(レタス、キャベツ、ゴボウなど)の食物繊維だけでは便は却って固くなります(かなり水分を摂取しないとね)。水溶性の食物繊維(昆布、ワカメ、熟したリンゴなど)も摂取する必要があります。両方を摂取することですね。 ⇒詳細はこちら

 

小腸を刺激する

 

オリーブオイル

 

 

小腸を刺激する

 

妊娠中には飲みにくいかも知れませんが、豊富に含まれるオイレン酸が小腸に吸収されにくいので、比較的多めに(15〜30ml)摂取できたら、小腸を刺激してスムーズな排便を促します。
妊娠中でつわりがひどいとオリーブオイルは便秘解消法としては少しハードルが高いかも知れません。しかし調理の仕方によっては摂取しやすくなります。

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

排便力を復活させる3つのカギ
排便力を復活させるカギは3つあります。大腸の働きと食物繊維と便意この3つについて解説しました。参考にしてください。
下剤に頼らず排便力を高める
下剤に頼らないで排便力を高める事が重要です。妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。4人の母親である私が妊娠時の便秘解消法を伝授します。
便秘に効くオリーブオイルは天然自然の下剤
オリーブオイルは天然自然の下剤として使えるので摂ってみませんか。スプーン一杯を2週間飲むだけで64人中63人に便秘改善効果がありました。
便秘解消のために水分摂取は一日1.5〜2リットル
妊娠中の症状に便秘がありますが実に辛いものです。水分摂取は一日1,5〜2リットルを飲んで便を柔らかくしましょう
便秘解消のために食物繊維は1日25グラム以上摂りましょう
食物繊維は1日25g以上摂りましょう。食べ慣れない人は一日15グラムから始めます
便秘解消にはマグネシウムの豊富な食品を毎日1品食べる
マグネシウムの豊富な食品を毎日必ず1品食べると便秘解消の効果が期待できます
便秘解消にビタミンCが効果がある
妊娠中の便秘解消にビタミンCが効果があります。
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります
妊娠中の便秘薬にマグミットがあります。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法の一つとして便秘薬がありますが、副作用の無い便秘薬を上手に活用することが必要な場合もあります。
漢方薬を上手に使えば便秘解消効果が高まる
漢方薬は上手に使えば副作用なく便秘解消効果が高まります。しかし全ての漢方薬が良いわけではないので注意しましょう。
妊娠中の便秘薬
妊娠中の便秘薬は流産の怖れの無い薬を使うべきですし、他の副作用のないものを使いましょう。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。
妊娠しても飲める便秘薬だけど副作用には注意して
妊娠中の便秘解消法の一つとして妊娠中でも副作用に注意すれば飲める便秘薬の利用があげられます。もちろん副作用には十分注意が必要で頼り過ぎないことが基本的に大事です。
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的です
妊娠中の便秘解消に青汁が効果的と言われますが、どんな青汁が良いのか、便秘解消効果のある理由についての情報です。
妊婦の便秘に良いお茶がありますか?
妊婦の便秘に効果的なお茶について。妊娠中にはやっていけないことも多くてお茶を選ぶのにも注意が必要です。
妊娠中の便秘解消のための運動
妊娠中の便秘解消のための運動は妊婦と赤ちゃんの健康のために必要ですし、便秘解消をするためにも必要なものです。どのような運動が相応しいのか紹介します。
ドクダミ茶の便秘改善効果
ドクダミ茶には便秘改善効果があります。妊娠中にドクダミ茶を飲んでも大丈夫でしょうか。便秘改善効果の他にどんな良いことがあるのでしょう。
妊娠中の便秘解消にウォシュレット使ってもOK?
妊娠さんの便秘解消にウォシュレット使っても良いものでしょうか。妊娠時の便秘はかなり辛いものです。 ウォッシュレットを使うときの注意点があるのでしょうか。
妊婦さんの便秘に効くツボがある?
妊婦さんの便秘に効くツボがある?妊娠時の便秘はかなり辛いものです。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的
妊娠中の便秘にはストレッチが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しているので、その一つとしてストレッチを紹介します。
妊娠中は便秘に効くマテ茶を控える理由
妊娠中は便秘に効くと言われるマテ茶を控える理由があります。カフェインが含まれているからです。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)が効果的です
妊娠で起こりやすい便秘に白湯(さゆ)を飲むと効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的なんです
妊娠中の便秘解消にはプルーンが効果的です。妊娠中の便秘解消法です。便秘解消に役立つ方法を様々紹介しています。便秘解消の方法とヒントについての情報を便秘の解消に役立ててください。
妊娠中の便秘解消にキシリトールガムを食べるのは良いか悪いか?
妊娠中の便秘は、食べ物や飲み物を変えても、即効性があまりなく正直辛いです。 そんな時、キシリトールガムを多めに噛むと、おなかが緩くなって便が出やすくなるって話、知っていますか? キシリトールガムは、歯の健康を守る目的が主ですが、実は便秘の解消にもいいらしいのですが、問題はないのでしょうか。
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があるので要注意です
妊娠中は鉄分が摂りすぎも不足も便秘になる可能性があります。妊婦さんが鉄分不足で処方される錠剤を飲むと便秘になることが多いので、基本的には普通の食事なら過剰摂取なしないので調整しましょう。鉄分を摂取しすぎた場合には、鉄分の多い食べ物を控えるようにしましょう。