妊娠 葉酸 摂取量

妊娠から出産まで葉酸の一日摂取必要量について

葉酸サプリ

葉酸は赤ちゃんのビタミンと呼ばれています。

 

葉酸の不足によって、貧血はもちろんのこと流産や胎盤早期剥離、先天性二分脊椎のリスクが高まるのです。

 

 

葉酸は赤ちゃんの臓器の正常な形成および細胞の増殖に深く関係していて、赤ちゃんの脳や神経を作る大切な栄養素の内の一つです。

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

葉酸不足の妊婦さんが9割

 

厚生労働省の葉酸の推奨量に達している妊婦さんは、全体の10%程度と言われており、多くの妊婦さんが葉酸不足です。

 

 

葉酸は葉酸サプリや食事から比較的長く摂取する必要があります。どれぐらいの期間必要なのかについてまとめてみます。

 

 

妊婦の葉酸一日必要摂取量(厚生労働省推奨)
葉酸を摂取する時期 サプリメントからの葉酸摂取推奨量 この時期の葉酸の必要性・働き

妊娠前・妊活中

 

(妊娠計画時期)

400μg(マイクログラム)/1日 子宮内膜を厚くすることで、着床率を上げ受精卵を保護して妊娠力を上げる。

妊娠の1か月前〜妊娠3か月

 

(妊娠0週〜11週)

400μg(マイクログラム)/1日 出生児の神経管閉鎖障害のリスクを70%低減させる。自閉症のリスクの低減。流産のリスクの低減。

妊娠初期:4か月

 

(妊娠12週〜15週)

400μg(マイクログラム)/1日 自閉症のリスク低減。流産リスクの低下。子宮内胎児発育遅延予防、貧血予防

妊娠中期:5か月〜7か月

 

(妊娠16週〜27週)

240μg(マイクログラム)/1日 血中のホモシステインを防御し流産のリスク低減。早産予防、妊娠高血圧症群予防、貧血予防
妊娠後期:8か月〜10か月 240μg(マイクログラム)/1日 貧血予防・免疫機能や消化管機能の向上
授乳期 100μg(マイクログラム)/1日 造血効果による母乳の出の向上。産後の子宮回復力の向上

安全な葉酸サプリを選ぶためのポイント

1.厚生労働省が推奨している400μg(マイクログラム)/1日の葉酸が摂取できる。
2.天然由来(酵母や野菜や果物から抽出した)モノグルタミン酸型の葉酸サプリである。
3.ビタミンB12が配合されている。
4.化学合成添加物が無添加である。
5.放射能チェックを行っている。

 

これをすべてクリアしている葉酸サプリがベルタ葉酸サプリです。更につわりがあっても飲みやすいように無臭ですし、飲み込みやすい大きさにしてあります。

 

>>葉酸400μgを摂れる。ベルタ葉酸サプリなら

 

他社の葉酸サプリと比較する

 

 

妊婦が葉酸を必要とする理由

 

妊娠をしていなければ普通の食事からの摂取で不足することはまずありません。

 

ですが、妊娠すると食事で摂取しても必要量には足りない事が多いのです。

 

特に妊娠初期にはつわりがあったりすると、食事からの接種はますます難しくなります。

 

 

先天性の二分脊椎、無脳症、神経管閉鎖不全を予防する

 

葉酸で二分脊椎、無脳症など神経系障害を予防する葉酸の摂取により、脳や神経系が正常に作られる量となれば問題は起こりません。

 

またお母さんは赤ちゃんはお母さんの血液を通して色々な栄養や鉄分や酸素を貰って成長していきます。

 

 

だからお母さんは妊娠前よりも貧血になりやすいのです。ですが、葉酸を摂取することで貧血を防ぐことができます。

 

葉酸が赤血球を作り貧血を予防してくれるのです。また母乳のでも良くしてくれます。

 

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らす
葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らします。妊娠する前から積極的に葉酸を摂取することが幸せで健康な赤ちゃん誕生をもたらしてくれます。