妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩む

妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩むようなります

妊娠すると便ぷと食事に悩みます

 

妊娠すると約70%の妊婦さんが便秘に悩まされ、悪阻が落ち着いた中期頃になると、便秘+体重の増加に悩む妊婦さんも多くなります。

 

体重が増加しすぎると、妊娠トラブルを引起してしまいます。

 

マタニティーライフを快適、健康に過ごすには、妊娠中期からの体重コントロールが大切になってきます。

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

妊娠中の便秘と体重増加

 

妊娠するとまずほとんどの方に悪阻が始まります。食べれない、飲めない、食べても戻しちゃう。便秘もしちゃうけど食べれないから、体重は減って痩せちゃう。

 

けど、体重がドンドン増える時期は妊娠6ヶ月頃からです。

 

つらーい悪阻が終わり、妊娠5、6ヶ月頃になると安定期に入り、今まで食べられなかった反動と、「お腹の赤ちゃんが欲してる」感でご飯がおいしく、モリモリ食べれる。体重増加に黄色信号点滅!!!

 

妊娠中の体重増加のリスクや原因となる便秘

 

体重が増え過ぎると、妊娠中毒症の危険性が高まり、産道に脂肪が付くために出産時に難産になる、等の危険性があります。
そうはいっても10カ月と言う長い間、体重コントロールのために食べたいものを我慢したり、食事制限をしたりするのはストレスです。

 

体重が増えすぎる妊婦さんは、便秘の人が多いの知ってました?「アッ!私も」という方、いらっしゃいます?

 

では、便秘を改善して、体重をコントロールしましょう。

 

 

妊娠中の便秘と体重管理はどうしたらいいの?

 

妊婦さんの便秘には色々な理由があります。

 

妊婦さんはお腹が大きくなります。お腹の中は赤ちゃんが大きく位置を占めて、内臓の位置が変わり、腸も圧迫され便通が悪くなります。

 

さらに、妊娠中期から後期にかけては、赤ちゃんの成長に伴ってお腹が急に大きくなり、便秘になる人も増えるんです。

 

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化します。

 

 

妊娠の継続に必要な黄体ホルモンホルモンが分泌されますが、このホルモンは、大腸のぜん動運動を妨げ、腸内の水分を減らす働きがあります。

 

おまけに妊婦さんは運動不足になりがちで、さらに大腸のぜん動運動が鈍くなります。結果、便が腸の中にとどまり、カチカチ便の便秘になるんです。

 

妊娠中の便秘と体重対処法

 

便秘は辛いもの。どうしても出ない時には便秘の症状を伝えると産婦人科で便秘薬を処方してくれます。

 

市販の便秘薬は使わない方が無難です。病院毎に処方してくれる便秘薬は違うと思いますが、カチカチ便をやわらかくしてくれる「マグミット錠」が多いです。

 

妊娠中の体重増加はかなり個人差があり、便秘薬を飲んでも体重のコントロールができる訳ではありません。

 

妊娠中に便秘になりやすいのは事実なので、食事、運動、ストレスに気を付けて健康な妊娠生活を送りましょう。

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠中の食事を楽しむために
妊娠中の食事を楽しむためにはどうしたら?妊娠時にはつわりでなかなか食べられない時期があります。つわりがあっても食べやすいものは何かについて紹介しています。
妊娠中のつわりと食事に関する注意点
妊娠初期のつわりは人によっては食べられないという状態を引き起こします。栄養を摂取する時期に相当辛い状況に名rます。うわりがあっても食べられない時に注意する事を紹介しています。
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー.。妊娠と赤ちゃんのアレルギーは無関心ではいられない問題です。お母さんの食事はアレルギーの発症に大きな影響を及ぼすのは確かなことなのです。妊娠中の便秘と食べるものと赤ちゃんのアレルギーについての情報です。
便秘解消のための食べないダイエットはやめましょう
便秘解消のために食べないというダイエットjをやめておきましょう。間食を控えるのは望ましいことですがが、食事を抜いたり減らしたりすると便秘の解消は難しくなります。