妊娠 便秘解消法 食事

妊娠中の食事を楽しむためにはどうしたら?

妊娠中の食べ物はお母さんとおなかの中にいる赤ちゃんの栄養となります。

 

赤ちゃんはまだ自分では食べて栄養を摂ることもできませんし、肺呼吸もしていません。栄養と酸素は全てお母さんからもらっているのです。

 

そのため、お母さんの摂る栄養のバランスが偏れば、赤ちゃんは必要な栄養が貰えなくなります。

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

塩分・脂質の多い食事はビタミン・ミネラルが不足いて問題です

 

妊娠を期に今までの食生活を見直してみましょう。これまで、外食やインスタント物、レトルト食品を多く食べていませんでしたか?

 

そのようなものの中には塩分や脂質が過剰に入っています。

 

インスタントラーメンと茶碗一杯のご飯はカロリーはほぼ同じでも、塩分は一日に摂取する塩分量の半分も入ってます。

 

脂質は1日分も入っています。もちろん食品添加物も沢山入ってます。

 

ビタミン・ミネラルが必要な理由

 

そして同時にビタミンやミネラルは不足しているんです。

 

ビタミンやミネラルは体にとって非常に大事な働きをするので、それが不足することは赤ちゃんにも良い影響はありません。

 

ラーメンではなく「ごはん」なら同じカロリーでも塩分は含まれてないし、野菜などの低カロリー食品ならビタミン豊富で脂質なし。

 

レトルト、外食、インスタント物を避けて、「手作り」を心がければ栄養バランスに富んだ食事ができます。

 

妊娠中は「葉酸」や「鉄分」を摂取するというポイントはありますが、普段と同じに栄養バランスの良い食事をするのが基本です。

素材選びは食品添加物と農薬の問題を考えて選ぶ

 

食事を手作りするには、素材選びから始めることになります。その時、「食品添加物」と「農薬」の問題を抜きに選ぶ事はできません。

 

食品添加物を全て避けることはできないが、有害なものだけは避ける

 

ただ、食品添加物はかなりの種類があり、無害なものから有害なものまで沢山あるので、せめて「有害」だと確認されているものだけは避けましょう。

 

無害なものは気にする事はありませんが、それでも大量に食べるのは避けたいところです。

 

無害と言われるものでも総量的にたくさん食べればいずれ被害が出るものはあります。

 

 

例えばハムやソーセージ、ちくわなどには、リンという添加物が含まれているので、使う前にサッと湯通ししたり茹でると、添加物や塩分はある程度は抜けるものです。

 

自然栽培の無農薬野菜が望ましい

 

野菜はできるだけ自然栽培の野菜を選びましょう。

 

いくら農薬の量が規制されているとはいえ、農薬が赤ちゃんに及ぼす影響は少しずつの蓄積のため分かりづらいのです。

 

昔水俣病の水銀中毒という悲惨な公害がありましたが、胎児性水俣病と言って、お母さんが水銀に汚染された魚をたくさん食べた結果2次的に赤ちゃんが被害を受けました。

 

余りに神経質になる必要はなくても、輸入果実を皮ごと食べたり、齧るなどはしてはいけませんよ。

 

輸入果実の表面には箱ばれてくる船の底で腐らないように大量の農薬がかけてあります。口にすればもの凄い被害を発生する農薬にまみれているのが現状です。

 

日本に輸入するときには、農薬が何故か「食品添加物」と誤魔化してあります。

 

心配な場合にはレタスやキャベツなら外葉を捨てたり、じゃがいも、ダイコンは水に晒しながらこすって洗います。

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠中のつわりと食事に関する注意点
妊娠初期のつわりは人によっては食べられないという状態を引き起こします。栄養を摂取する時期に相当辛い状況に名rます。うわりがあっても食べられない時に注意する事を紹介しています。
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー.。妊娠と赤ちゃんのアレルギーは無関心ではいられない問題です。お母さんの食事はアレルギーの発症に大きな影響を及ぼすのは確かなことなのです。妊娠中の便秘と食べるものと赤ちゃんのアレルギーについての情報です。
便秘解消のための食べないダイエットはやめましょう
便秘解消のために食べないというダイエットjをやめておきましょう。間食を控えるのは望ましいことですがが、食事を抜いたり減らしたりすると便秘の解消は難しくなります。
妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩むようなります
妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩むようなります。つわりの時には食べれなくて悩み、5,6か月なるとモリモリ食べて体重増加に悩むようになります。