妊娠 つわり 食事

妊娠中のつわりと食事

つわりの苦しみは妊娠して初めて味わいます。

 

つわりは人それぞれ症状や重さの程度に、なぜか個人差が大きいのが特徴です。原因もはっきりとはわかっていないのが不安ですし辛いですよね。

 

吐き気や微熱、頭痛、イライラ、眠気や動悸など様々な症状があります。

 

もしこの症状が酷い時は妊娠悪阻といって治療が必要ともなるため、我慢などせずに病院受診しましょうね。

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

妊娠悪阻

次のような重いつわりがあれば必ず受診しましょう。

 

1日5回以上吐く
水を飲んでも吐き、尿量がかなり減った
体重が5kgあるいは10%以上減った

 

つわりの原因は実は良くわかっていません。

 

「ホルモンバランスの変化が原因」という説が有力ですが、本当の事はまだ未解明です。

 

ほかの説は「流産しやすい時期なので激しく体を動かす気にならないようにつわりがある」という説もあります。

 

また、「つわりでタバコなどの体にとって毒になる食べ物を排除する」という説など色々です。どれも信憑性があるので複合的な物かもしれませんね。

 

個人差はあるものの、つわりは5週目ぐらいから始まります。臨月までつわりが続く人もいますがおおよそ4〜5か月には治まります。

 

つわりの時期は赤ちゃんに栄養が届いているか心配

 

つわりの辛い時期は食べられる物も量も限られてしまうので、赤ちゃんが栄養失調になってしまうのではないかと心配かも知れません。

 

でも心配無用です。人間の体は良くできていて、妊婦のつわりの原因や目的はわかりませんが、13週目ぐらいまでは「卵黄のう」という栄養袋から栄養をもらって赤ちゃんが育つようになっているんです。

 

お母さんの血液中の栄養や酸素を届ける「胎盤」が完成するのは16週目ごろです。

 

つわりのある初期のころは赤ちゃんは小さくてお母さんに蓄えられていた「卵黄のう」の栄養だけで何の問題も無く成長するんですよ。

 

つわりとストレス

 

ストレスがつわりを重くすると言われてますから、この時期には無理をせず、食べられるものだけを食べていて大丈夫ですよ。

 

ただ便秘だけはなるべく副作用の強い便秘薬を使わずに解消しましょうね。

 

 

便秘による腸内環境の悪化は赤ちゃんのアレルギーにつながったり良い事がないんです。

 

食べられなくても乳酸菌やオリゴ糖など利用できるものを利用しましょう。

 

つわりは個人差が大きいが水分補給は大事です

何を食べても吐いてしまう。そういう時は無理して食べなくても良いのですが、水分だけは脱水にならないように補給が必要です。スポーツ飲料や果汁、野菜ジュースなどの栄養価の高い飲み物を飲んでみましょう。

 

逆に食べづわり人はなるべく低カロリーの物を食べておけば、妊娠中期以降の体重管理が楽になりますよ。

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠中の食事を楽しむために
妊娠中の食事を楽しむためにはどうしたら?妊娠時にはつわりでなかなか食べられない時期があります。つわりがあっても食べやすいものは何かについて紹介しています。
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー.。妊娠と赤ちゃんのアレルギーは無関心ではいられない問題です。お母さんの食事はアレルギーの発症に大きな影響を及ぼすのは確かなことなのです。妊娠中の便秘と食べるものと赤ちゃんのアレルギーについての情報です。
便秘解消のための食べないダイエットはやめましょう
便秘解消のために食べないというダイエットjをやめておきましょう。間食を控えるのは望ましいことですがが、食事を抜いたり減らしたりすると便秘の解消は難しくなります。
妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩むようなります
妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩むようなります。つわりの時には食べれなくて悩み、5,6か月なるとモリモリ食べて体重増加に悩むようになります。