妊娠 便秘 ダイエット

便秘の人は朝食を抜いている人が非常に多い

朝食を抜くと便秘になっている人が多いようです。それは絶対的に食物繊維の量が不足するからです。

 

食べないダイエットで食物繊維を減らしてはいけない

便秘を解消したいのなら、食べないというタイプのダイエットはやめましょう。

 

ダイエットをすればするほど便秘が解消しない理由は、食物繊維が不足するからです。

 

逆に言うと、ダイエットをしながらでも便秘解消をしたいのなら、食物繊維は必ず摂取することです。

 

朝食を抜かしてしまうと、どうしても必要な食物繊維が摂取できないことになりがちですし、朝の食事が蠕動運動を盛んにする役目をするからです。

 

蠕動運動は食後8時間して起こるのでその間に何かを食べるとその時点からまた8時間後にリセットしてしまう。8時間以上何も食べない時間を1回は作ることが大事です

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

朝食でオリーブオイル

妊娠中でも、できる運動は軽くても良いのでウォーキングでもなんでもやった方が断然良いですよ。

 

オリーブオイルが大丈夫な人は朝パンにでもつけて食べる事をおすすめします。

 

朝食でオリーブオイルを摂取すると、自然の腸管への刺激作用があるので、小腸を動かす刺激になり排便を促進してくれます。

 

入浴後の食物繊維入りジュース

 

ジューサーで食物繊維たっぷりのジュースを作って飲んでみてください。

 

時間がなければ、大塚製薬の「ファイブミニ」に水溶性の食物繊維が入っているので飲んでみるのも良いですよ。

 

シャワートイレ(ウォッシュレット)で肛門を刺激して排便を促す

 

動物が自分の赤ちゃんに排便を促す時には、肛門の周囲を舐めることがあります。

 

それと同じ原理です。肛門周囲をウォッシュレットの水で刺激することは、便意を起こす良い方法です。

 

ただし長く刺激し過ぎない事。1回30~60秒で1日1~3回まで。それ以上となると、肛門周囲がが皮膚炎を起こしてしまいます。

 

また痛みを感じるほどの水圧ではやらないこと。適度な不快で内圧力が望ましいです。

 

 

それでも排便がなければ、市販の酸化マグネシウム製剤を使うと、結腸内の便に水分を貯めるので、便が柔らかくなります。

 

ガスも抜け易くなるのでガスが溜まっている時の苦しみから解放されるかもしれません。

 

下剤を常用している人は一度にやめるとストレスになるので、徐々に減らしていくやり方でやってみましょう。

 

一度にやめると上手くいかない事になりがちです。

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠中の食事を楽しむために
妊娠中の食事を楽しむためにはどうしたら?妊娠時にはつわりでなかなか食べられない時期があります。つわりがあっても食べやすいものは何かについて紹介しています。
妊娠中のつわりと食事に関する注意点
妊娠初期のつわりは人によっては食べられないという状態を引き起こします。栄養を摂取する時期に相当辛い状況に名rます。うわりがあっても食べられない時に注意する事を紹介しています。
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー
妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー.。妊娠と赤ちゃんのアレルギーは無関心ではいられない問題です。お母さんの食事はアレルギーの発症に大きな影響を及ぼすのは確かなことなのです。妊娠中の便秘と食べるものと赤ちゃんのアレルギーについての情報です。
妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩むようなります
妊娠中の便秘だけでなく体重増加に悩むようなります。つわりの時には食べれなくて悩み、5,6か月なるとモリモリ食べて体重増加に悩むようになります。