妊娠 便秘解消法 アレルギー

妊娠中に便秘だと子供がアレルギーになる可能性がある

妊娠中の便秘

妊娠中にお母さんが便秘であれば、胎内の赤ちゃんがアレルギーになりやすいと言われます。

 

お母さんが生まれてくる子のためにできることは、腸内の善玉菌を多くすることです。

 

それにより、胎児のアレルギーを予防できます。

 

 

特にアレルギーのあるお母さんが妊娠中に便秘になると生まれてくる子供がアレルギーになる可能性は高くなります。是非今のうちに解決しておきましょう

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

お母さんの産道や肛門あたりに棲む細菌に触れて腸内細菌が赤ちゃんに住み着く。

 

お母さんのお腹の中は無菌状態です。臍の緒を通じて血液で栄養を赤ちゃんに運んでいます。

 

ご存知のように、お母さんの血液で赤ちゃんは育ちます。赤ちゃんの腸に腸内細菌が住み着くのは、生まれる途中で通る産道や、お母さんの肛門の当たりにいる細菌などに触れるからです

 

お母さんの腸内細菌に触れることで、腸内細菌が赤ちゃんの腸に住み着くようになります。

 

 

このようにして腸内細菌が赤ちゃんのお腹に住み着くと腸内細菌が赤ちゃんが食べたものを分解・合成して栄養にしてくれるのです。

 

もし、妊娠中の便秘が原因でお母さんの腸に腸内細菌である善玉菌が極端に少なかったりいなかったら、赤ちゃんの腸に住み着く腸内細菌はほとんどいない恐れがあります。

 

そうするとアレルギーになるだけでなく、栄養の吸収が難しくなり大きな問題に繋がる可能性が出てきます。

 

アトピーの治らない赤ちゃんの便には

 

アトピーがどうしても治らない赤ちゃんの便の中に、大腸菌が全くいない、そんな赤ちゃんが40%もいます。

 

生まれてすぐに無菌室に入り、無菌の栄養を与えられると、腸内細菌が繁殖する機会がないからです。

 

お母さんのおっぱい

 

生まれたばかりの赤ちゃんに必要なのは、お母さんの乳から出るおっぱいです。

 

特に「初乳」は免疫をつけるためにとても重要です。母乳の成分には下のような成分があります。

 

これを見ると、やはり母乳に替わるものは無いほど、母乳の働きは凄いといえます。

 

生後3週までの初乳は腸内の有害な細菌が増える事を抑制してくれたり、腸管の成長を助けたり理想的な免疫のメカニズムを作る働きがあるのです

 

おっぱいに含まれている免疫物質

 

  1. オリゴ糖:ビフィズス菌のエサになり、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。⇒オリゴ糖について
  2. ラクトベルオキシダーゼ:腸内で抗菌作用を持ちます。
  3. リゾチーム:細菌の細胞壁を溶かす
  4. ラクトフェリン:鉄と結びついて、腸内の悪玉菌の増殖を抑制します。
  5. 補体成分:白血球が異物を捕食する働きを促します。
  6. 分泌型IgA:腸管や気道で細菌やウィルス感染を防ぎます。

 

アレルギー体質は遺伝する?

 

アレルギー体質の遺伝はあるようです。しかし、アレルギー体質を受け継いだとしても、生まれてから母乳中心で育てれば、アレルギーの発症をかなり抑えられます

 

親がアレルギーだとしても子供が必ずアレルギーになるわけではありません。

 

両親ともに食物アレルギーによるアトピー性皮膚炎を発症していると、その親の子供は70%の確率でアトピーを発症しています。片方の親だけがアトピ―の場合の発症率は30%です。

 

アトピーは遺伝的な要素が比較的強いと言えますが、逆に両親の両方がアトピーではなくても10%の子供はアトピーを発症します。

 

これを見ると環境的な要因も影響していると言えます。

 

子供たちに食物アレルギーが増えた原因

日本で子供たちに食物アレルギーが急速に増えてきた原因の1つに、乳児期に母乳を十分に与えなかったり、早めに母乳をやめて離乳食に切り替えたことが指摘されています

 

流行の育児指導が必ずしも正しいわけではないと言えます。

 

 

早めに離乳食に切り替えたからと言って子供が早く自立するわけではありませんし、むしろ逆です。

 

お母さんのおっぱいを十分に飲んだことで、免疫力もつき健康で愛に満たされた心は時期が来たらお母さんから本来あるべき自立をしていくのです。

 

結論

 

母乳を十分に与えてれば、遺伝的な体質はあったとしても食物アレルギーやアトピーの発症が十分抑えられます。

 

元気の学校に入学してみませんか

 

私もいち早く入学しました。「元気の学校」とは、あなたや家族、子どもたちが真に健やかな生活を送るための会員制の動画配信サービスです。

 

講師にいろいろな質問ができたり、家族の健康のために大いに役立つと思います。

 

消費社会の中で本当の情報はなかなか求められないものです。何が真実で何がうそなのか。コマーシャルはマイナス面は決して教えてくれません。

 

母親として妻として家族の健康を守るために沢山の問題を抱える「食」は非常に重要なテーマです。

 

これから母親となる女性が今から「健康的な食生活」をはじめ医食住について学べば生まれてくる子供、あなたの家族の幸せにつながるでしょう。

 

私は年間会員になりましたが、お試し100円で入学ができます。1ヶ月で退会するなら100円ですみます。

 

*下記の元気の学校の募集は現時点ではなされていません。

 

▼元気の学校の詳細▼

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

腸内細菌叢が人格形成に大きく影響する
腸内細菌叢が人格形成に大きく影響するという研究がアイルランドで行われている。妊娠時の便秘は腸内細菌叢のバランスにを悪い状態にします。ほっておくと母体だけでなく赤ちゃんにも良い影響がありません。4人の母親である私が妊娠時の便秘解消法を伝授します。
便秘が続くと痔になることがある
便秘が続くと痔になることがあります。妊娠時の便秘はかなり辛いものですし、放っておくと痔になる事があるし、母体だけでなく赤ちゃんにも悪い影響があります。
妊娠中に頭の良い子を作る方法
妊娠中に運動をすれば頭の良い子が生まれると言われるのはなぜか。その理由と運動について紹介します。
妊娠すると便秘と吐き気が起きやすいのは?
妊娠中に便秘を起こすと吐き気がする事があります。妊娠すると便秘になりやすかったり、吐き気がする理由についてお伝えします。
妊娠中の便秘の張りと子宮の張りの違いについて
妊娠中の便秘の張りと子宮の張りの区別は良くわからないことがあります。区別がつかずに不安になることもあるのでその違いについて知っておきましょう。
妊娠後期にまさかの逆子。原因は私の便秘でしょうか?
妊娠後期に逆子だと分かりました。便秘が原因なのでしょうか。出産時の危険を考えると不安になります。