妊娠 胎児性アルコール症候群

妊娠が分かったらアルコールをやめましょう

妊婦がアルコールを飲むと生まれてくる子供が胎児性アルコール症候群になる事がある
お母さんが飲んだアルコールは胎盤を通じて赤ちゃんの体内に入ります。

 

胎児の肝臓はまだ未熟なので、アルコールをしっかりとは分解できないのでアルコールが残ったままになります。

 

それが原因で生まれてきた子供に様々な先天的な障害が現れる事があります。

 

これを胎児性アルコール症候群といいます。

 

特に高齢出産ほど長年のアルコール摂取によって生殖細胞が影響を受けていて、胎児性アルコール症候群は起こりやすいと言われています。

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

胎児性アルコール症候群の症状

 

胎児性アルコール症候群は単に発育が遅れるというにとどまらず、大脳などの中枢神経に悪い影響を与えた結果の症状もあることが大きな問題です。

 

発育の遅れ

 

低体重、低身長。お腹の中での発育が悪くなるためです。

 

アルコールを飲まない母親から生まれてきた子供と比較すれば、5〜10%小さいしその後の発育も遅いと言われています。

 

中枢神経系の異常

 

注意欠陥障害、多動児(AHD)の特徴を示します。気づかずに成長するほど軽度の場合も沢山あります。
顔つきへの影響

  • 全体的に平べったい顔貌
  • 鼻が小さくて低い
  • 唇が薄い
  • 耳が小さく顔の下の方に位置して、反り返っている。
  • 華と上唇の間が狭く縦のみぞが無い
  • 頭が小さい(小頭症
  • 顎が小さくて顎が大きくなる
  • 目が小さくて黒目だけしか見えない

 

こういった胎児性アルコール症候群はお母さんがアルコールを控えるだけで予防できます。

 

妊娠が分かった時点で辞めます。また受胎を計画している時には、アルコールを飲んだとしても少量の留めるべきです。

 

 

そういった事を無視して胎児性アルコール症候群の子供が生まれてきたら、子供に責任を取る事は難しいし、それ以降の育児は大変なものになります。

 

妊娠中のアルコール摂取で流産や死産が起こる事もあるので、いずれにしてもアルコールはタバコと同様基本的には毒である事を認識しましょう。

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠をきっかけにタバコを止めましょう
妊娠をきっかけにタバコを止めましょう。これが妊娠前後から止めておきたい7つの事の第一です。母体と胎児、乳児、幼児を守るためにこれだけは気を付けたいという情報です。