妊娠 便秘解消法 タバコ

妊娠をきっかけにタバコを止めましょう

タバコ蛍族

 

煙草の害については盛んに言われているので、タバコを吸う人も家族が煙を吸わないように気を付けているようです。

 

副流煙に含まれる発ガン物質は、多いもので主流煙の100倍以上、 少ないものでも3倍あります。

 

主流煙よりも副流煙のほうが 有害物質が多く含まれているから、「蛍族」は、ベランダに出て一人で吸っています。

 

蛍族とはタバコの明かりが蛍に見えることから名づけられました。しかしそれはほとんど意味がないことは知らないでしょう。後でそれに触れます。

 

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9143291159516755"
data-ad-slot="2117273026">

 

タバコに含まれる有害物質

 

タバコには発がん性物質がいくつも入っていることを知っていますか?添加物だけでも600種類も入っています。

 

またなかなかタバコを止められないのはニコチンの中毒作用だけでなく、喫煙が習慣になるように、アンモニアが添加されているのです。

 

タバコパッケージ病気

タバコが体に悪いと知りながら、消費者がタバコを止められないようにアンモニアまで入れて、国が売っていたのですから、酷い話です。

 

わが国ではタバコのパッケージにタバコによる病気の写真などが印刷してあり、自己責任で吸うように書かれています。日本はまだまだ甘いと思います。

 

 

外でタバコを吸っても子供に大量のニコチンが蓄積

 

ご主人がベランダや換気扇の下で吸うのは、タバコから流れる副流煙の被害から家族を守るためでしょう。

 

しかし、それはほとんど意味がないことだと知っていますか?ホタル族の家の部屋からもニコチンははっきりと検出されるのです。

 

 

親がホタル族の子供の体内に蓄積されたニコチン量は、タバコを吸わない家庭の子の 2.4倍もあります。

 

なぜタバコを外で吸っているのに子供にニコチンが蓄積されるかというと、「吐く息」に有害物質が含まれているためです。

 

若い女性の喫煙がアレルギー、アトピーの原因になる

 

タバコの害はあなたの想像を遥かに超えているのです。

 

近年若い女性の喫煙率がとても上がっていて、タバコに含まれる有害物質が、胎児の段階や新生児乳児の免疫にも悪い影響を及ぼして、アトピー患者が増加しています。

 

わが子がアトピーあるいはアレルギーであることと自分の喫煙の影響は直接関係があります。

 

 

わが子の免疫力が極端に下がるだけでなく、母親の免疫力も低下し、タバコにより活性酸素が大量に発生して免疫細胞はその処理に追われて疲れ果て、不健康な大腸になってしまいます。

 

これは便秘の悪化につながるという悪循環を繰り返すだけです。

 

タバコを止める方法

 

タバコを止めるのを意志の問題にしていたら、止められる人は本当に少ないです。

 

しかし簡単にやめる方法があります。禁煙外来に行き治療してもらうと、簡単にやめられます。

 

喫煙を止められないのは大きな病気に原因になるために、保険診療が可能になったのは比較的最近のことです。

 

 

オリゴ糖がガスの苦しみを解消する

スポンサードリンク スポンサードリンク

関連ページ

妊娠が分かったらアルコールをやめましょう
妊娠中にアルコールを飲むと生まれてくる子が胎児性アルコール症候群でる可能性があります。アルコールを飲むと全ての赤ちゃんがそうなるわけではありませんが、リスクがある以上きっぱりとアルコールはやめるべきです。